2011年5月4日水曜日

「Think Of JAPAN While Knitting」関西の特設サイトをオープンさせました☆

Think Of JAPAN While Knitting関西



こんにちは。atricotです。

昨日、5月3日(火)に、「Think Of JAPAN While Knitting」関西の特設サイトをオープンさせました☆
「Think Of JAPAN While Knitting」関西の特設サイト

facebook でもイベントの書き込みなどはできるので、随時情報をお知らせするつもりなのですが、更新していくと、古いものがだんだん埋もれていくので、関西でやるイ ベントの場所・日時や、前回のブログにも書いた、糸を寄付していただいたところ、そして参加していただいたみなさまなど、ひとめでわかるようにと、このた び関西エリアの特設サイトを作りました。どうかトップページのどへたなイラストには突っ込まないようお願いします(日本を描いたつもりが、まったく分から ないとか、あしながさんの足が短いとか…)
それはさておき、興味のある方はぜひご覧くださいね♪

参加者リストがどれだけ増えるのかとっても楽しみです♪
モ チーフを送ってくださった時点でリストに加えさせていただこうと思っておりますが、既に入っている、お三方はイベントの糸を巻いたり、イベント先をコー ディネートしてくださったりと裏で働いてくれている方々です。ネット上ならともかく、実際のイベントって思っていた以上に準備が大変なので、とっても助 かっています。

メールではボランティアを買ってでてくださる方も何人かいらっしゃって、とても心強いです。

実は私もほとんど家にひきこもって編んでばかりいます。そう考えるとイベントに足を運んでくださるということってすごいことなんです。ほんと家でも編めますからね…
広報や情報交換に関してはインターネットの恩恵を大いに受けておりますが(だからこそ、トロントの活動が日本に広まっていますし。)みんなで集まって編むというおもしろさも絶対にあると思います。
イベントならではの醍醐味というか、イベントだからできることをずっと考えています。
exchange。交換する。私の糸とあなたの糸を交換する。気持ちを交換する。あ、この人はこんな気持ちで参加してはるんやってことでまた自分もいつもとは違った気持ちになれる。
extend。 1つの点が線になるイメージです。タテヨコ関係ないつながりが生まれる。イベント会場を提供していただいた同志社女子大学では、学生さんが、また、大阪市 北区社会福祉協議会ではおばあちゃんたちが、世代を超えて参加してくださる(予定ね。)内輪で終わらせないことです。
exhibit。展示する。参加してくれた方の足跡がわりに、イベントの模様をいろんなかたちで公開したいなと思っています。そのためにサイトに参加者リストやphotoのページを作ってもらいました。

あ くまでボランティアだからそんなものわざわざ要らないって思われる方もいらっしゃるかもしれません。被災地を支援するのが目的ですから、関西でわいわい楽 しむのは不謹慎だと。でも、ニットを生業にする身なので、よくわかるんですが、暗い気持ちで編むと作品に出ます。生徒さんの宿題のニットを見てニット占い ができるんちゃうかなって思うくらい(笑)
願いをこめるのも大切ですが、そればかりではブランケットがどんどん重たくなってしまうので、やっぱり素敵な作品にさせるには楽しんでいただく気持ちも必要です。
感性をぶつけてもらって最後はexplotionで!関西パワーを炸裂したいと思います。

というわけで、わざわざ足を運んでよかったなというイベントにしたいと思っておりますので、ご都合よろしければぜひぜひいらしてくださいね。

最後にこの特設サイトをつくってくださったルイスさんに心から感謝しております。北区のイベント会場もたくさん紹介していただきました。私1人ではなかなか接触できない世代や環境の方々にアプローチができるのもこの方のご協力あってのことです。本当にありがとうございます。

次回はイベントの場所についてご紹介できたらなと思っております。
では☆

0 件のコメント: