2011年3月13日日曜日

今の私にできること。東北地方太平洋沖地震について。

昨日からテレビでは惨憺たる光景がずっと流れています。
このブログが更新されたときにこれをご覧になられている方は私と同じ、被災地にいらっしゃらない方が多いと思うので、なにかお伝えできればと思って書いています。
実際、今日、いつも行く喫茶店で働いてた子が、「どうせ自分はなにもできないから」ってただただ暗い顔で店に立ってたのを見て、もし同じようなことを思ってる人がいればと思って…相変わらずつたない言葉ですみません。

東京の、まだ被害の少なかった地域に住んでいる弟にでさえ、心配でメールや電話をしている始末なので、未だに連絡のとれないご家族、ご親戚がいらっしゃる方の不安を思うと本当に心が痛みます。ましてや被災地で避難されてる方なんかもっともっと大変です。

ツイッターではリツイート(他の人のつぶやきを自分のフォロワーに流して拡散すること)機能があり、昨日は災害情報、人探し、避難できる場所、避難して生き延びるための知恵などさまざまな情報がリツイートされました。
ボ タンひとつで自分のフォロワーに情報を一気に流せるわけです。阪神大震災のときでは考えられなかったことですが、そういったツイートを見て逆に怖くなりま した。リツイートしてる人は善意以外のなにものでもないはずなのに、もしもそれが間違った情報なら?一気に拡散してしまい、他の人にも間違った情報を送る ことになります。案の定、さっきのニュースで不安を煽るだけのチェーンメールが多発しているとのこと。ひとつの小さな悪意が、人々の善意(のつもり)でと てつもなく大きな悪意になってしまうのは怖いことです。きっと今後善意のつもりがかえって…ということもたくさん起こってくるでしょう。実際、電力を使う なと言われつつパソコンを開いてる私。それも覚悟の上、書いています。

具体的な震災情報をルイスさんがブログにまとめられています。
【緊急】地震等災害時のお役立ち情報、まとめました。随時、追記します

昨晩から自分にできることはなにかということをずっとずっと考えていました。確かになにもできないです。でもいざ自分がなにかできる状況になったとき、それを見つけたときにさっと動けるようにしたい。
ひ とつは各メディアから入る情報は本当に正しいのかどうかを判断すること。いつもどおりの自分の仕事をして社会に貢献すること。そしてもうひとつは想像する こと。テレビの映像の奥にはもっともっとえぐい現実があるということや、自分がなにかを発信したこと、行動したことで誰に影響を与えるのか、与えられるの か。を悲観的にではなく冷静に想像する。

私の大切な人が大切にしている言葉があって、
「いろんなことを見て、聞いて、感じなさい。いろんなことを知りなさい。そして、知り得たことのすべてを、他人の立場や環境をリアルに想像するための手助けにしなさい。他人の立場をディテールまでリアルに想像することができたら、戦争や諍いはなくなるわ」
というもの。それを思い出しました。
なんにもやってない私たちと、まったく無関心な人と、はたから見ればなんも変わりない。
実際、想像することはしんどい。
でも今思ったことをあきらめずに続けていけば、1mmでも復旧が早くなることができるかもしれない。そうなれば今言ったことはキレイごとにならない。自分の身にだってありうることなんだから!

こんなことを言ってる今でも、今できることをしてらっしゃる人がいる。
漫画家の井上
雄彦さんは、笑顔の絵をどんどんアップされていましたよ。
smile

世界中の人からもメッセージが。
pray for japan



つ ながってるという気持ちにさせてくれることって本当に救われる。だから祈りがあるのだと思う。物理的な支援ももちろん大切だけど、希望がくれる力ってなに にも変えられないと私は信じてます。でも結局思いつく限りのできることってこれくらい。なんにもえらそうなこと言えへん。私も含め、できることを探してい る者がすこしでもできることが見つかりますように。そしてなにより、被災地の方々、被災地の方を思う方々が一刻も早く安心できますように。

0 件のコメント: