2011年5月27日金曜日

【TJWK】6月4日関大リサーチアトリエでモチーフサーキットを開催します!

こんにちは!
前回のブログからえらい時間がたってしまいました。もう5月終わってしまうやんっ
その間、いろいろな動きがあり、相変わらずドタバタとしておりました。
仕事を終えて、帰ってたくさんの方にメールを返信して、それであっと言う間に1日が終わってしまいます。
こっちでは進んでるっていう実感があってもご報告しないことには、なにをやっているかさっぱりですよね…
今後はできるだけこまめに更新していきたいと思いますので宜しくお願いします!

今回は6月に開催するモチーフサーキットについて。
その前に「Think Of Japan While Knitting」とは…トロントからはじまったニットによる震災支援プロジェクトです。
Think Of Japan While Knitting 関西HP

私がこのプロジェクトに関わらせていただくことになった経過は以前のブログに書いております。
活動報告blog

ほんとは6月に開催するイベント3回分まとめてご紹介しちゃおうと思っていたのですが、きっと長くなりそうなので、まずは第一回目、6月4日関大リサーチアトリエでのイベントについて書きますね。

********

6月4日(土)10:00~17:00 関西大学リサーチアトリエ

・モチーフサーキット
・ミニ・ニットカフェ(参加記念のキットをプレゼント)
・震災のお話:繋がりについて、関西大学の先生にお話していただきます。(約20分)
※かぎ針の数にかぎりがあるので、かぎ針7.5/0号か8/0号をお持ちの方は、ご持参下さい。
※モチーフの材料となる毛糸をご寄付していただける方は、ご持参下さい。
「関西大学リサーチアトリエ」の地図を見る
■参加費:無料

*********

おとつい、このイベントについての打ち合わせをしてきましたが、関西大学の先生方や職員の方々をはじめその他たくさんの方々のご厚意により、ほんっとに楽しいイベントになりそうです!

開催時間が長いので、お好きなときに来ていただければと思っています。
来られる際は、収容人数の関係もあるので、事前に私にメールいただけると嬉しいです。
問い合わせフォーム

☆まったく編んだことがないという方も大丈夫です。
当日は私&アシスタント1名に加え、funknitさんという、大阪で活躍されているニット作家さん&その生徒さんたちも遊びにいらしてくださいます♪私にとって、この上ない強力助っ人さんです。

☆関西大学の先生から震災のお話があります(14:00頃~20分ほど予定)
震災の復興に関わっていらっしゃる関西大学の先生にお話していただくことになりました!来ていただいた方に、震災について、今後の日本についていろんな視点で見るきっかけにしてくだされば嬉しいです。
私もとっても楽しみにしております!

☆UST中継が入ります!
なみはやノーツさんのご協力で、当日のUST中継をさせていただくことになりました!
こ れはもう、本当に嬉しいです。私のブ顔とつたない司会が流れるのはおいといて…(がんばります。美容院行こう。←そこ?)まず、カナダにいらっしゃるプロ ジェクト代表のきょうたんさんをはじめ、遠方にいらっしゃる方にこちらの息づかいが少しでもお伝えできるかおしれないのが本当に嬉しいです。
先生のお話もできるだけたくさんの方に聞いていただけたらと思います♪
それとそれと、これは私の理想ですが…パソコンの前で一緒に編んで参加してくださる方がいらっしゃるかもしれない!そうなるとこのイベントの参加人数がすごいことになりますよ~!わ~わ~!

☆当日の楽しみどころ
イベントは10時~17時と長丁場なので、ランチや休憩をはさみたいところ。そんな方に後方担当のルイスさんがなんと!ランチマップをつくってくださりました。
関大リサーチアトリエは天満商店街のど真ん中にあるので、おいしいご飯やさんがたくさんあります。ガイドマップには載ってない地元の人に定評があるいいかんじのお店をルイスさんがかたっぱしから足を運んでつくってくれました。
そ れ以外にも、カナダのきょうたんさんや、関西大学の協力により、カナダで完成したブランケット第一号のポスターを展示する予定もあります。その完成したブ ランケットってやっぱり迫力があってかわいくて、ほんとに素晴らしいんですよ。モチーフを編んでいただく方にも、完成形が見えるとぐんとモチベーションが アップするんじゃないかなと思っています♪
あとは、私のへっぽこモチーフ編み方動画をプロジェクターに流したり、編んだモチーフを…あ、これはまた当日のお楽しみ。

たくさんの方に協力していただいたおかげで、きっと楽しいイベントになると思います!


まだこのプロジェクトをはじめて2ヶ月も経ってないにも関わらず、私の予想をはるかに超えた状態になっています。
なにが一番驚いているかと言うと、ニットをとったらただのクズ人間の私ですが(ニットがあっても微妙)ニット以外の分野で活躍されてる方々にそれぞれの専門分野でこのプロジェクトに尽力していただいていることです。
感謝の気持ちと同時になにせ小心者なのでプレッシャーもありますが、精一杯やりたいと思います。

2011年5月4日水曜日

「Think Of JAPAN While Knitting」関西の特設サイトをオープンさせました☆

Think Of JAPAN While Knitting関西



こんにちは。atricotです。

昨日、5月3日(火)に、「Think Of JAPAN While Knitting」関西の特設サイトをオープンさせました☆
「Think Of JAPAN While Knitting」関西の特設サイト

facebook でもイベントの書き込みなどはできるので、随時情報をお知らせするつもりなのですが、更新していくと、古いものがだんだん埋もれていくので、関西でやるイ ベントの場所・日時や、前回のブログにも書いた、糸を寄付していただいたところ、そして参加していただいたみなさまなど、ひとめでわかるようにと、このた び関西エリアの特設サイトを作りました。どうかトップページのどへたなイラストには突っ込まないようお願いします(日本を描いたつもりが、まったく分から ないとか、あしながさんの足が短いとか…)
それはさておき、興味のある方はぜひご覧くださいね♪

参加者リストがどれだけ増えるのかとっても楽しみです♪
モ チーフを送ってくださった時点でリストに加えさせていただこうと思っておりますが、既に入っている、お三方はイベントの糸を巻いたり、イベント先をコー ディネートしてくださったりと裏で働いてくれている方々です。ネット上ならともかく、実際のイベントって思っていた以上に準備が大変なので、とっても助 かっています。

メールではボランティアを買ってでてくださる方も何人かいらっしゃって、とても心強いです。

実は私もほとんど家にひきこもって編んでばかりいます。そう考えるとイベントに足を運んでくださるということってすごいことなんです。ほんと家でも編めますからね…
広報や情報交換に関してはインターネットの恩恵を大いに受けておりますが(だからこそ、トロントの活動が日本に広まっていますし。)みんなで集まって編むというおもしろさも絶対にあると思います。
イベントならではの醍醐味というか、イベントだからできることをずっと考えています。
exchange。交換する。私の糸とあなたの糸を交換する。気持ちを交換する。あ、この人はこんな気持ちで参加してはるんやってことでまた自分もいつもとは違った気持ちになれる。
extend。 1つの点が線になるイメージです。タテヨコ関係ないつながりが生まれる。イベント会場を提供していただいた同志社女子大学では、学生さんが、また、大阪市 北区社会福祉協議会ではおばあちゃんたちが、世代を超えて参加してくださる(予定ね。)内輪で終わらせないことです。
exhibit。展示する。参加してくれた方の足跡がわりに、イベントの模様をいろんなかたちで公開したいなと思っています。そのためにサイトに参加者リストやphotoのページを作ってもらいました。

あ くまでボランティアだからそんなものわざわざ要らないって思われる方もいらっしゃるかもしれません。被災地を支援するのが目的ですから、関西でわいわい楽 しむのは不謹慎だと。でも、ニットを生業にする身なので、よくわかるんですが、暗い気持ちで編むと作品に出ます。生徒さんの宿題のニットを見てニット占い ができるんちゃうかなって思うくらい(笑)
願いをこめるのも大切ですが、そればかりではブランケットがどんどん重たくなってしまうので、やっぱり素敵な作品にさせるには楽しんでいただく気持ちも必要です。
感性をぶつけてもらって最後はexplotionで!関西パワーを炸裂したいと思います。

というわけで、わざわざ足を運んでよかったなというイベントにしたいと思っておりますので、ご都合よろしければぜひぜひいらしてくださいね。

最後にこの特設サイトをつくってくださったルイスさんに心から感謝しております。北区のイベント会場もたくさん紹介していただきました。私1人ではなかなか接触できない世代や環境の方々にアプローチができるのもこの方のご協力あってのことです。本当にありがとうございます。

次回はイベントの場所についてご紹介できたらなと思っております。
では☆

2011年4月30日土曜日

[TJWK] 糸を無償で提供してくださったところ

もう4月も終わってしまいます。
毎日が猛スピードで過ぎていってますが、私にはほんとにあっという間の短い1日でも、ある人には長い1日であったりするんだろうな。

さて、今日もThink Of Japan While Knittingプロジェクトについて書きます。
プロジェクト名が長いので、ツイッターでは「TJWK」と略して書くようになり、とうとうブログのタイトルも略してみました。大丈夫かな(汗)

そうそう、ツイッターでこのプロジェクトについてつぶやくときはハッシュタグ「#tjwk 」をつけてください☆

それと!東京で呼びかけ人を務める方がmixiでコミュニティを作られました。
私はここ何年かmixiは開店休業中なので、mixiをご活用されてる方はぜひ一度ご覧ください♪
私も覗きにいきます♪
mixiコミュ「THINK OF JAPAN WHILE KNITTING

今日は、このたびのプロジェクトに糸を無償で提供してくださったところをご紹介したいと思います。
ほんとはもっと早く書きたかったのですが、確実に使えることが証明できるまではご迷惑がかかると思ったので、ずっとうずうずしながらイベントの営業を進めておりました。
ただいま、イベントの場所は決まり、あとは日にち調整というところまできているので、書かせていただきます!みなさん、私の大好きな糸やさんです♪

シルクハセガワ
愛知県一宮市のシルクをメインに取り扱われているお店です。
Think Of Japan While Knitting
上質なシルクリリヤンを送っていただきました。

糸そのものを製造されてらっしゃるので、取り扱われる量はキロ単位だと思うのですが、こんなふうに小分けにしてくださり、しかも!!!写真を見たらおわかりだと思いますが、Think Of Japan While Knittingのロゴのシールをつくってひとつづつ貼った状態で送ってくださいました。私はしょっちゅう買い物しているのでわかるのですが(笑)本当に忙しくされてるはずなのに、これだけお手間をかけてくださって…お気持ちがじゅうぶん伝わりました。
Think Of Japan While Knitting
そして、たくさんつくったので…とシールもわけてくださいました。こちらもちゃんと使い道を考えたので、シルクハセガワ様の思いをつなげられるように、できるだけ多くの方のお手元に届くようにします☆

アトリエトワイン
上質(しかもかわいい!)な糸を低価格で提供されてる大阪のお店です。
Think Of Japan While Knitting

ウールをメインにかわいい色目のふんわりした糸を送っていただきました。
とにかく色がかわいいので私が編んでしまいたい!という衝動を抑えるのに必死です(笑)
しかも、糸ひとつひとつの混率を書いていただき、使いやすいように小分けにした状態で送っていただきました。それだけでも本当にありがたいのですが、お手紙まで入っていて泣きそうになりました…
こちらもできるだけたくさんの方のお手元に届けます☆

AVRIL
かわいくて、とっても個性的な糸を取り扱われている京都(本店)のお店です。
高校生のとき、AVRILの糸に出会ったのが私のニットをするきっかけになりました。普通に編むだけで、糸がかわいいとこんなにかわいいニットができるんだ!って感動って今でも鮮明に覚えています。

Think Of Japan While Knitting

写真がブレてしまいましたが、ウールの糸、コットンの糸、モールの糸いろいろあって、さすがAVRILの糸!生成りの糸もたくさんいただいたので染める予定です。
細い糸が多いので、いろいろ組み合わせてお届けしようと思っています。どんな糸になるかはお楽しみ☆
編みながら日本を想うというのがプロジェクトの主旨でありますが、そのなかにも糸を楽しむひとときもあっていいと思うんです。こんな糸で編むとこんなふうになるんだ!という感動も一緒に味わっていただけるよう、こちらもたくさんの方にお配りします。



トロント支部、サンフランシスコ支部に集まったモチーフは、色合いがとても素敵でほわーんとなるんですが、こちらはこちらで関西らしい(?)個性的な作品ができるのではないかと思っています♪それはそれで、見るのも編むのも使うのも楽しいはず☆

*********

このプロジェクトを手がけることを決心したのはいいですが、まず編むものがないと…と思ったので、最初の最初にお声をかけたのは糸やさんです。それがブログを更新した次の次の日くらいなので4月7日ですね。
まだアイデアだけで具体的なことがなにも進んでないのに無償なんて、あつかましすぎるかも…と恐る恐るプロジェクトの主旨を説明させていただきました。
3社のうちの1社はどっぷりお世話になっていますが(笑)あとの2社は私がよくネットで買い物をしているというくらいで実際お会いしたのも1度くらいです。

ですが、夜にメールを送って、翌朝にはお返事をいただくという、ほんとに迅速な対応をしていただき、その話をした次の週には私のもとに糸が届いていました。
迅速というのも、決して事務的なことではなくって、とてもあたたかなメッセージ&激励をくださり、それはもう嬉しくて嬉しくて。人生でこんな思いができるんだ!いうくらい。鳥肌がたちました。ほんっとに嬉しかったし、今の私の原動力です。ありがとうございます!

まずは、モチーフをつなぐ前に糸を提供していただいた方々のお気持ちをたくさんの人につなげます。

震災からずっと「つながり」が私のキーワードになっています。
そして実際、つながる、つなげることで少しずつ輪が広がっているのも実感できます。
ちょっとずつですが、モチーフを送りたいのですが…とおっしゃってくださる方も増えてきました。本当に嬉しいです。ありがとうございます☆

では、次回はいよいよ、イベントについての告知ができると思います☆

*ご注意*
提供していただいた糸は、基本的にイベントに来てくださった方にお配りする予定です。
イベントやニットカフェも遠方で来られないという方に今回寄付していただいた糸をかたっぱしに送るということはしておりませんので、まずは自前で編んだも のを送ってきてください。そのやりとりの後に材料をお送りするかどうかを検討します。申し訳ございませんが、材料の悪用防止のためにそのようなシステムに致しました。
イベントに来ていただく方にも、糸の寄付を募り、できるだけ交換というかたちで続けていきたいと思っております。

送り先、ご質問などは、atricotのHPの問い合わせフォームからメールして下さい☆
問い合わせフォーム

2011年4月24日日曜日

Think Of Japan While Knitting 動き出しました in 関西

こんにちは。
ここんとこずっと頭ん中はThink Of Japan While Knittingのプロジェクトのことで頭がいっぱいです。

初めて読んでいただいた方に…
Think Of Japan While Knitting
Think Of Japan While Knitting

Think Of Japan While Knittingはニットによる被災地支援プロジェクトです。



や りますー!って言って、表だっての報告は今日までほとんどなかったので大丈夫なの?とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんね。。毎日ちょっとずつです が、進んでいます。イベントをさせていただける人にかけあったり、チラシのミーティング、参加してくれた人のプレゼントをつくったり(これは関西のイベン ト限定です。)…ほんとはまとまってじゃじゃーんと報告したいのですが、なかなかできずブログも書く気になれなかったのですが、ちゃんと動いているんだか ら、少しずつでも報告するようにしますね。ボランティアを買ってでてくれる方もいらっしゃったんですけど、まずはなにを振ってよいのかわからなかったんで すが、お願いすることがたんまり増えてきました。わはは。

メールをいただいた人や参加希望してくださった方、にも「もう少し待ってくださいね」としか言えなかったんですけど、もうそろそろ良いお返事ができそうです。

そして朗報!もうカナダではブランケット第一号ができそうです☆

プロジェクト代表のKさん(きょうたんさん)のブログ

あと縁編みで完成だそうです♪
やはり圧巻です!
統一感があるのでひとつの作品として成立してる。近所のバザーっぽいもっちゃり感がないですね。繋げる人のセンスの良さがわかりますね。ああこんなこと言うとちょっとかえって自分にプレッシャー。でもとっても励まされます♪

えっと、とにかく関西での活動について。
「プロジェクトはじめます~」じゃなくってもう「はじめました!!」と大声出して言います☆

☆今すぐ編めるよ!という方☆
編み図はコチラ

PDFをatricotのサーバーにもアップしています。
こちらからダウンロードできます。
編み図.pdf(クリックするとダウンロードできます。)

・かぎ針4.5mmというのは日本サイズで7.5/0号です。お持ちでない方は8/0号でもいいと思います。
・モチーフの出来上がりサイズは10cmとなっていますが、プラスマイナス1.5cmくらいの誤差はあっても大丈夫です。いろんな糸で編むのでどうしても誤差はでるものですから。
・まずはお手持ちの糸で編んでみてください。どれぐらいの太さ?って言われると、糸の表示の仕方が日本ではとて曖昧なので難しいのですが、
→棒針 8~10号 かぎ針 7/0号~8/0号 という表示がしてあるもの
→番手は3番手~2番手くらい。
いわゆる「並太」タイプのちょい太めですね。でも上記の糸より太いものでも編めなくはないですし、「太」とか「極太」でもいけます。細いのだったら2本取りや3本取りにしてもかまいません♪


☆イベント☆
現時点で決まったところは次のブログで紹介します。ボランティア(指導にまわってもらえる方、チラシ配ってくれる方、とにかく盛り上げてくれる方、差し入れしてくれる方(笑)などいろいろお手伝いしてもらえると助かります)随時募集中!

☆編む材料がないんだけど…という方☆
イ ベントやニットカフェも遠方で来られないという方に今回寄付していただいた糸をかたっぱしに送るということはしておりませんので、まずは自前で編んだもの を送ってきてください。そのやりとりの後に材料をお送りするかどうかを検討します。申し訳ございませんが、材料の悪用防止のために決まりごとをつくりまし た。

☆atricotの生徒さん、お知り合いの方☆
「編みますよ~!」という方はどんどん声をかけてください♪


送り先、ご質問などは、atricotのHPの問い合わせフォームからメールして下さい☆
問い合わせフォーム


***
オマケ

全然関係ないけど、ずっとアップできてなかったので…先日つくったアフガン編みのジャケットの写真です。
アフガン編み ジャケットまぁまぁいいかんじにできたと思う。派手ですがサイズがジャストなのでおばちゃんっぽくないよ。

アフガン編み ジャケットでも、実は裏の編み地のほうがかわいいのです。。今回は課題だったので、裏を使うのはあまりにリスキーなため泣く泣く見送りました。

かぎ針にも棒針にも出せない独特の編み地です。
やっぱりアフガン編みは大好き。

2011年4月13日水曜日

Think Of Japan While Knitting 日本でもやります!

前回のブログを書いてから怒涛の1週間でした。
もう何から書いていいのかわかりません。

でも最近また違う方面の方々3人くらいに「ブログが長いですよね。」と言われてしまったので、できるだけ今日は手短に、わかりやすく、思いを伝えたいと思います。果たしてできるのでしょうか?

先日、私のブログで「Thinking Of Japan While Knitting」という震災支援プロジェクトについて書きました。
まだご覧になられてない方で興味のある方はぜひ☆
↓↓
Think Of Japan While Knitting
Thinking Of Japan While Knitting

facebookのページです。トロントとサンフランシスコでされてる活動がリアルタイムに伝わります。関西も加わる予定☆

pianissimo

このプロジェクトを考案されたKさんのブログです。もうすぐ最初のブランケットが完成しそうです♪すごい!
個人的にお付き合いさせていただいてるときからKさんのニットや生活の視点がおもしろくて大好きです。

Thinking Of Japan While Knitting

前回の私のブログ。いつもながらつたない文章ですみません。。。


で もこのブログを更新したときは、こんな素敵なことをされてる方がおられるんだ!という感動を伝えたいなという気持ちだったんですけど、更新してからすぐに たくさんの反響があって、正直私もびっくりしました。本当にたくさんの方からメールをいただき、ブログのアクセス数もいつもの3倍、多いときは6倍になり ました(もともとが少なめなんですけどね。。)

それからです。じゃあやるのか、やらないのか?

参加を希望してくれてる方にどうお応えするのか?カナダからどうやって橋渡しをしよう?
1晩かけてじっくり考えました。
自分がどこまで時間、労力をさけるのかなという物理的なことから、具体的に材料はどうしよう、どこでやろう?送料はどうしよう?ブランケットを作って販売する過程のどこまでを自分が請け負おう?

久々に頭が大パニックになったのですが、それよりもなによりもみなさんにもらったメッセージが嬉しかったです。同じ想いをしている人がいらっしゃったんだ!
なかには、被災地である福島から連絡してくれた人もいました。その方は被害はまだましな方と言われてましたが厳しい現状を身近に感じられてるだろうにも関わらず、私にもなにかできれば…と。
とても励まされました!

ここからはThinking Of Japan While Knittingの主旨と少しずれてるかもしれませんが、私の感じたこと。

震災後初めて募金をしたときに思ったんですが、私の募金なんてたかが知れてるってことはわかっていても、それをすることで自分が少し救われたような気持ちになったんです。

自己満足といわれてしまえばそれまでなんですけど、
まったく不必要で無駄な感情だとはわかっていてもどこかしら感じてしまっている、
普通に生活している自分に対しての罪悪、
日々入ってくる情報に対しての不安、
憤り、
同情、
悲しみ…
自分も心を痛めていて、でもそんなことは絶対に口に出すべきではないと思っている。
でも募金したらちょっとだけラクになって。
しばらく続けていかないとと思ってるけど、やっぱり募金したあとって気持ちが落ち着く。
ああ慈善慈善って言いながら、被災者の方々のために、プラス自分のためにやってんだなってつくづく思う。

そう思ったら、もしかしたら手を動かすことで少しでも救われる気持ちになってもらえるかもしれない。
手を動かすことを見直してもらうきっかけになるかもしれない。
ニットで日本中、世界中をつなげられるかもしれない。
これが私の決定打でした。大きくでましたな(笑)
まぁできるところまでやってみよう。

というわけで2日後にはやるって決めました。
それからすぐに私のお世話になっている糸やさんに連絡を取り、無理なお願いと承知で糸を寄付していただけないか頼みました。
これはまた近々、ブログで詳しく報告させていただきますが、なんと
20キロ以上集まりました。毛糸だまに換算すると400玉~500玉くらい?

いただいた材料は責任を持って有効に使います!
なので今、人が集まれる場所を提供していただけるところを探して、奔走中です。いまのところ京都、大阪で6件くらいはできそう☆徐々に決定していってるかんじです。

今日も心斎橋にあるところですんごくいい場所が決まりました!本当に感謝感謝です☆

ご報告は随時こちらのブログとfacebookのページでさせていただきます。
facebookは3日前に登録したばかりでまだまだ勉強中です。なので序盤は少しタイムラグがあるかも。。。
まだスタートしたばかりですが、この時点でもう、たくさんの方に協力していただいてます。協力していただいた方の気持ちにお応えできるように、そして今後たくさんの方と出会えるように、日々考えて動きたいです。

うすうす予想はしていましたがすっかり長くなってしまったので、続きはまた今度。
さようなら~

Think Of Japan While Knitting今さらですが、今日初めてこのロゴは日の丸だ!って気づいた(爆)
私のバカバカバカ~

2011年4月5日火曜日

Think Of Japan While Knitting

震災後、ブログで震災についていろいろ書いてきましたが、先日トロントにお住まいの方からメールをいただきました。

以前から何度かメールでやりとりをさせていただいてる方で(ということはご想像通り、その方は日本人です。私は英語が苦手なので笑)去年はラベリを教えてくださって、その話はブログにも書いております♪
編み物SNS Ravelryをやってみたけど…

メールで、このたびの震災でトロントで Think Of Japan While Knittingという日本の震災復旧のための募金活動を始められたことを教えていただきました。

その話に鳥肌がたつほど興奮したので、このブログでもご紹介させてもらえるようお願いしました。

このプロジェクトはブランケットのモチーフをいろいろな方に編んでもらい、それをブランケットにして、オークションで売ったものを被災地に寄付するというプロジェクトです。

今、日本ではとにかく寄付!寄付!寄付が一番!というかんじなので、少し気の長い話になーんだと思われる方もいらっしゃるかもしれません。違うんです。ここからが大事なんです。
名前にもなっているとおり「Thinking Of Japan While Knitting」がこのプロジェクトのとっても素敵なところなんです。
メールをいただいた方(以下、Kさん)曰く、海外では既に地震のニュースは日に日に減っており、日本のことを考える機会が少なくなっているのでそのきっかけになればと考えられてます。
そして毛糸やさんに材料を寄付してもらったり、日本語で書かれたモチーフの編み図を英語に訳し、チラシにして配布したりラベリやfacebookで公開したりと、奔走されてます。そして徐々にKさんの活動の輪は世界に広がっています。

日本のことを考えるきっかけを。
そ れは非被災地にいる私もそうで、日常生活になんら支障のない私はニュースを目に耳にしないとすぐにでも日常生活に埋没してしまいそうです。思い出したり考 えるとしんどいし、ずっと考えながら仕事できないし。そうやって少しずつ「なにかできることはないか」という気持ちが薄れていく。募金や献血をしたら任務 完了!ってほっとしている。メディアもとりあげる時間が減っていき、そうやって震災について考える時間は少なくなっていくと思います。それは決して悪いこ とではないかもしれませんが、そのとき思った、国に対しての疑問(原子力なんかまさに)改善したほうがいいと思ったシステム、反感をもったこと、やろうと 思ったことを喉元すぎれば…というかんじになってしまうのは残念なことです。

募金や献血は一瞬で終わってしまいますが、ニットは時間がか かります。その分考える時間が増えるし、しかもその行為がまわりまわって日本に届くかもしれないという、つながりが生まれます。うまく言えないけど、その 「私たちはつながっている」という気持ちって本当に大切だと思うんです。つながっている気持ちになれたとき、日本だけじゃない、世界のことも考えるように なります。

ああなんか、うまく言葉にできなくてもどかしい。

でもこのプロジェクトを聞いて、海外の毛糸やさんがたくさん の毛糸を寄付してくださったそうです。せっかくだからいい糸で編んで!と高級な糸を寄付してくれたり、できることはなんでもするよ!って声をかけてくだ さったり…地球の裏側でこんなやりとりがされてるって聞くだけでも本当に嬉しいですよね。

日々の活動はKさんのブログにも書かれています。
pianissimo

以下、Kさんのメールから転載させていただきますね。
Think Of Japan While Knitting
Think Of Japan While Knitting

We are knitting and crocheting to raise money for Japan's earthquake
relief efforts. We are making a blanket to auction off. 100% of the
proceeds will be donated via the Red Cross. The relief efforts and
needs for assistance will continue long after the media coverage ends.
Spare moments to think of Japan while you knit.

日 本の震災への義援金を募るために編み物をしているグループです。ブランケットを作りそれをオークションにかけます。売り上げの100%は赤十字をとおして 寄付します。震災の報道が終わってしまっても救援活動や生活補助はこの先長く続きます。編み物をしながら日本のことを想ってください。

******

公開されてる編み図はこちらです。初心者でも編めそうなシンプルなかたち。でも段ごとに色を変えるととてもかわいい。

facebookのページ。たくさんの方が編まれたモチーフが見れますよ。
ラベリのページ。

もっと詳細を知りたい!けど連絡方法がわからないという方はKさんにお伝えしますので、atricotのHPからメッセージください。生徒さんも興味のある方は声かけてくださいね。

******


正 直、私も自分のスキルでなにかできないかなと考えていました。でも今は一生懸命働いて寄付したほうがいいのかな。なんて思っていた矢先にKさんの活動を聞 いて、ニットの良いところを見つけられた気がしてはっとしたのです。それまでいくら考えてもニットってすぐできるもんでもないし、実用的かと言えば、ユニ クロのヒートテックには全然勝てないなぁ(ものすごい数のヒートテックを寄付してはりましたよね。)、そんでもって寄付すると言っても値段的にどうよ(誰 でもできるから高値をつけにくい)という具合にニットの悪いところばかり見ていました。
でも逆に言えば
時間がかかる→考える時間がもてる
誰でもできる→輪が広がる
何枚も編まないといけない→継続性がある
そしてそもそもニットってね、ただの1本の糸が面になり立体になりと、形を構築していくもの。糸に触れること、そして考えることで私たちはつながっているという気持ちにさせてくれる。
Kさんが考えたプロジェクトはニットの良いところを最大限に活かしたシステムになっているんだなぁと。

そしてですね、つい最近、ある方に相談しにいきました。いつも仲良くさせていただいてる方で強いコネクションをお持ちの方です。(大体想像つくと思いますが笑)まだ今は作戦を練っている途中ですが、ここ京都にも台風の目になれるような活動ができたらなと思います。

では!また来週!

2011年3月27日日曜日

アホな私が原発について考えてみたら

こんばんは。

今日、弟に教えてもらったブログについて書きたいと思います。

原発がどんなものか知ってほしい(全) 平井憲夫


それまで連日の原発についての報道に正直疲れていたのでした。
専 門家はみんな言ってることが違うけど、どれもしごくまっとうのようにも聞こえる。私には理解しにくい単位で言われるから、余計に頭にはいってこなくって、 ただ要は安全なの?そうじゃないの?そればかり気にしてしまう。じゃあ、納得のいくまでとことん勉強したらええやんってことになるけど、それも気力がない んです。
だからっていろんな人の言うことを鵜呑みにすることも怖いし、そもそもTVの言ってることなんて信用できないし…とかなんだか言って結局わからなくなってくるんです。んで、思考が楽観的な方向に行く。「大丈夫じゃないの?」って。

なぜそうなるのかというと、危機を感じたところで自分にはどうしようもないというあきらめがはいってしまうからだと思います。24時間恐怖におびえてるよりかは、大丈夫って言って日常を過ごすほうがずっと楽だし。

という自分と向き合うのも、同僚と原発のことについて話して気が付いたことです。すごく情けないのですが、正直な気持ちです。

ああ、人間というのは、ものすごく楽観的なんやなぁと思いました。私という人間を通して「人間というものは…」でくくるのもおかしな話なんですが、周りを見ても似たような人が多いのではないかしら。と思えるのも正直な感想。
楽観的に観ることは決して悪いというわけではなく、むしろ良いことで、日々暮らすなかで、自分の中、もしくは他人の中にある楽観的な気持ちに、何度も何度も救われています。

でも命を脅かされる危険に一度もあったことのない私は、原発という日本が抱える問題をものすごく軽くみていたのかもしれません。
と、↑のブログを読んで思いました。しかも弟が東京にいなければちゃんと最後まで読んでたかも微妙。不安材料は見たくないという防衛本能が働いてるのでしょう(ものすごく正当化した言い方だけど)

このブログでは、原発が日本でどのようにつくられたかたということ、そして日本がたくさんの原発を抱えることで今後どういう問題が起きてくるかということが具体的に書かれています。
人 体の影響、たとえば放射線に汚染された魚を食べるとほんとうにあかんのかという生物学的?具体的なデータはないにせよ、内容は信憑性があると私は思いまし た。とくに差別の問題は、現実それで苦しんでいる人がたくさんいるのだ。放射線は目に見えないものだからすごく怖い。だから専門家やらお上やらの言ったこ とだけが頼りになってしまうんだけど、安全も保障も目に見えないものだから、「放射線浴びたけど大丈夫!」って言われてもできれば触れたくないというのも 人の心理です。去年のほうれん草は出荷が停止されたけど今年は大丈夫!って言われたほうれん草と、原発から遠く離れた地で育てられたほうれん草とだった ら、後者を選んでしまうのも人の心理です。それが中国産であっても、タイムリーに危険と察知した方は選ばない方がいいんじゃないかと思ってしまう。たとえ ばその後中国産は農薬だらけだから危険だよというニュースが出たら、きっと原発のことなんか忘れて、普通に本産!日本産!てなるだろうし。

私は違うよ!公平だよ!そんな情報に踊らされてないよ!差別なんてするもんですか!
と言う人もたくさんいるだろうし、私もそうでありたいと思う。でも公平、公正ってなんだろう。
地震が起きて初めて書いたブログで、たくさん舞い込んでくる情報を見極めよう!みたいなことをえらそーに書いてしまったけど、その情報の正しい正しくないって、一体どっからくるのだろう?信頼できる人が言ったから?現地の人が言ったから?データに基づいているから?

目に見えない危険や物事については真実は誰にもわからない。
現時点で安全だというデータ、危険だというデータ、どちらも飛び交っています。
前述のブログを書かれた平井憲夫さんも私は本当だと思ったけど、大変失礼を承知で言いますが、100%真実であることを証明できる人はいらっしゃるとしてもごくわずかだと思うのです。

す ごく難しい問題なんですけど、情報を見極めようとしたときに、私は賢人であろうとしてしまいます。間違うのが怖いのです。ネットでよくあることですが、正 しさを盾にして、それにそぐわない人を、さも鬼の首をとったかのように非難したり叩いたりするのもよく見ますが、間違うのが怖いから、自分が正しいと思え る意見を無意識にとりあげたりしてしまいます。結局不安なのです。賢人でないのに賢人ぶるってすごく愚かなことですよね。やめたい。

そう、いくら正しいと思いたくても真実って人それぞれ違うんじゃないかな。

昔、キヨシローが原発をテーマにした歌をよく歌ってました。リアルタイムで聴いてなかったから反原発を歌ってどんなけたたかれたかはよくわからんし、私もなんとも気にしてなかった。

今でも彼が100%正しいかはわからないけど、これがキヨシローの中の真実だったんだなと思った。

どうせなにもできないからってあきらめたくはない。私は私の中の真実が欲しい。それを言葉や行動にしたい。
だから生きてる限りできるだけ目を開けてようと思いました。

***

またオマケ的になってしまったニットネタ。

かばん

友達の誕生日でカバンをつくったんですけどすんごくかわいかったです。
持ち手は笹谷木工(父)作。なにげに親子コラボ。

ニット サロペット
そして卒作のひとつ、つなぎがやっと完成。
ボディのお尻が長くって、着せたら胴の部分が伸びてなんだか変だけど、着たらもっといいかんじです。
ニット サロペット

こっちもお尻らへんが笑える。今度は着た写真をちゃんと撮っときますね。
ニットでつなぎって作れるんだなぁ。伸びをすごく気にして作ったけど、思ったより伸びず、ちゃんと普段に着れそうなかんじ。すごい収穫☆

もいっこの作品は、実験しすぎてすんごいメルヘンな作品になりそう。せめてここでも見せられるように仕上げたいなと思うのですが、手を入れれば入れるほどメルヘン度アップしてて、えらいことになってます。

ではまた来週!

2011年3月20日日曜日

日々想うこと

先週のブログを読み返すと、冷静冷静!と言いながら、相当困惑していたなぁとあらためて思います。ほんとうにつたない言葉の羅列に自分でも情けないです。でもここに書かないと!って強く思ったんです。読んでくれた皆様、本当にありがとうございました。

毎日、さまざまな情報が飛び交っています。テレビなどの各メディアは被災者の方を、さもドラマの主人公のようにクローズアップし、まるですぐそこに最終回があるかのように観る者を悲しませたり喜ばせたりしています。うすうす想像はついてたけど早くも地震がひとつの読み物、まるでエンタメ化しているように思えます。そして不謹慎論者はなにかにつけて「こんなときに…」と文句を言い、ヒマ人は、やれ政府が悪い、東電が悪いだの、先頭きって舵をとらないといけない人たちに追い討ちをかけます。個人的にも、気分が悪くなる話をたくさん聞きます。

私はただ見守り、普段の生活をしています。そしてつくづくニットを生業にしてる幸せを噛み締めておりました。当たり前なんですけど、教室にわざわざ不幸になりたくて来てる生徒さんはいません。ああ自分も人もハッピーにできる仕事をしているのだなと。暗い気持ちになったときは、それが支えになりました。

先日こんなブログを読みました。
今村岳司XDL - diary
「あの恐怖と屈辱は、記憶よりさらに奥に刻みつけられてしまっている。」
「それでもなにかできることを。~昨日の続編」
被災者のリアルな気持ちを、ものすごく冷静に綴られています。私は1%も理解できていないかもしれないけど、今後の自分の行動を決断するのにすごく参考になったのでこちらでもご紹介させていただきました。私の教室でもみんな集まればそれぞれ仕入れた情報をあれこれ話したりしますが、阪神大震災で深刻な被害を受けた生徒さんは、当時の思い出がどうしても重なってしまうと口をつぐまれていました。いや、情報をあれこれ話すということが悪いということでは決してなくって(気遣って、タブーみたいになるほうがずっと変ですし)被災してない人は被災した人の気持ちを理解できないということが前提で理解しようとするのと、勝手に理解した気持ちになってしまってる状態とは全然違うということです。
なにか、自分が行動するときに、勝手に理解した気持ちになってしまってるということが一番怖いことなんだと思いました。

不謹慎論者は「こんなときに…」という言葉をすぐ口にするみたいですけど、でも「こんなとき」というのはいつになったら「こんなとき」じゃなくなるのでしょうか?被害を受けた人や土地が復興するには何年かかるかわかりゃしない。戦いはこれから。それでも1ヶ月も経ったら「こんなとき」って言う人が何人残ってるんだろう?とさぞかし疑問に思います。
確かに、暗い気持ちになったり、なかなか眠れない日々が続いたりすることもあります。
でも「非・被災者かくあるべし」なんて思う必要ってないんじゃないかしら。笑いたきゃ笑えばいいし、泣きたきゃ泣けばいいんです。飲みたいなら飲めばいいし、買い物したきゃ買えばいい(買占めはモラルの問題だと思うのでここでは言及しませんが…)歌いたきゃ歌えばいいし、踊りたきゃ踊ればいい。ほんでもって、あーしんど。とかね。

そんなわけでタイマーズ☆「タイマーズのテーマ」と「偽善者」。とくに「偽善者」は偽善者にくらえっ!



あーキヨシロー。もうすぐ命日ですね。
思い出したようにキヨシローを聴いたりしていますが、募金や献血も今だけじゃなくって、断続的にやっていくほうがいいそうです。京都にいる私が今できることは、きっと何日、何ヶ月経ってもできることですからね。


さてさて、実のところまだ卒作が完成してません。これが終わらないと他のニット制作に入れないので、今週こそは仕上げます~。ニットでつなぎを作ってます。つなぎって…サロペットのことです(笑)なかなかいいかんじだと思うので早く着たいな。




2011年3月13日日曜日

今の私にできること。東北地方太平洋沖地震について。

昨日からテレビでは惨憺たる光景がずっと流れています。
このブログが更新されたときにこれをご覧になられている方は私と同じ、被災地にいらっしゃらない方が多いと思うので、なにかお伝えできればと思って書いています。
実際、今日、いつも行く喫茶店で働いてた子が、「どうせ自分はなにもできないから」ってただただ暗い顔で店に立ってたのを見て、もし同じようなことを思ってる人がいればと思って…相変わらずつたない言葉ですみません。

東京の、まだ被害の少なかった地域に住んでいる弟にでさえ、心配でメールや電話をしている始末なので、未だに連絡のとれないご家族、ご親戚がいらっしゃる方の不安を思うと本当に心が痛みます。ましてや被災地で避難されてる方なんかもっともっと大変です。

ツイッターではリツイート(他の人のつぶやきを自分のフォロワーに流して拡散すること)機能があり、昨日は災害情報、人探し、避難できる場所、避難して生き延びるための知恵などさまざまな情報がリツイートされました。
ボ タンひとつで自分のフォロワーに情報を一気に流せるわけです。阪神大震災のときでは考えられなかったことですが、そういったツイートを見て逆に怖くなりま した。リツイートしてる人は善意以外のなにものでもないはずなのに、もしもそれが間違った情報なら?一気に拡散してしまい、他の人にも間違った情報を送る ことになります。案の定、さっきのニュースで不安を煽るだけのチェーンメールが多発しているとのこと。ひとつの小さな悪意が、人々の善意(のつもり)でと てつもなく大きな悪意になってしまうのは怖いことです。きっと今後善意のつもりがかえって…ということもたくさん起こってくるでしょう。実際、電力を使う なと言われつつパソコンを開いてる私。それも覚悟の上、書いています。

具体的な震災情報をルイスさんがブログにまとめられています。
【緊急】地震等災害時のお役立ち情報、まとめました。随時、追記します

昨晩から自分にできることはなにかということをずっとずっと考えていました。確かになにもできないです。でもいざ自分がなにかできる状況になったとき、それを見つけたときにさっと動けるようにしたい。
ひ とつは各メディアから入る情報は本当に正しいのかどうかを判断すること。いつもどおりの自分の仕事をして社会に貢献すること。そしてもうひとつは想像する こと。テレビの映像の奥にはもっともっとえぐい現実があるということや、自分がなにかを発信したこと、行動したことで誰に影響を与えるのか、与えられるの か。を悲観的にではなく冷静に想像する。

私の大切な人が大切にしている言葉があって、
「いろんなことを見て、聞いて、感じなさい。いろんなことを知りなさい。そして、知り得たことのすべてを、他人の立場や環境をリアルに想像するための手助けにしなさい。他人の立場をディテールまでリアルに想像することができたら、戦争や諍いはなくなるわ」
というもの。それを思い出しました。
なんにもやってない私たちと、まったく無関心な人と、はたから見ればなんも変わりない。
実際、想像することはしんどい。
でも今思ったことをあきらめずに続けていけば、1mmでも復旧が早くなることができるかもしれない。そうなれば今言ったことはキレイごとにならない。自分の身にだってありうることなんだから!

こんなことを言ってる今でも、今できることをしてらっしゃる人がいる。
漫画家の井上
雄彦さんは、笑顔の絵をどんどんアップされていましたよ。
smile

世界中の人からもメッセージが。
pray for japan



つ ながってるという気持ちにさせてくれることって本当に救われる。だから祈りがあるのだと思う。物理的な支援ももちろん大切だけど、希望がくれる力ってなに にも変えられないと私は信じてます。でも結局思いつく限りのできることってこれくらい。なんにもえらそうなこと言えへん。私も含め、できることを探してい る者がすこしでもできることが見つかりますように。そしてなにより、被災地の方々、被災地の方を思う方々が一刻も早く安心できますように。

2011年3月6日日曜日

アコーディオンとニットと私。

ちょっと暖かくなったのに、またもや寒い日が続いてますね。
今日の雨が上がったらちょっとは暖かくなるのかな?

さてさて、もう3月になったので今月の動画を更新しました。
ブログはサボるくせにこういうのはちゃんとやるんや(笑)

今、がんばって練習している曲をyoutubeで探したらとっても素敵なバージョンを見つけたので。アレンジが鬼すぎて、私のへなちょこ演奏とは月とすっぽん、いや私のは鼻クソ以下です。でもいい演奏をたくさん聴くのは耳の保養(というのか)にもなりますしね~

もしかしたら今年はアコーディオンの発表会に出るかもしれません。
アコーディオンを習いはじめてちょうど1年なんですけど、なかなか毎日練習はできないので全然うまくならないです。でも憧れの曲や好きな曲がだんだん弾けるようになってすごく嬉しい。

ニットももっともっとうまくなりたいなと思うけど、もうここまできたらガツンと伸びたなと実感できることってなかなかないです。
その点、アコーディオンは今のところ練習すればするほど目に見える結果に表れるので、ああがんばったら報われるんだな。ということが実感できます。習い事ってやっぱりいいな。

でも問題なのは、極度のアガリ症なこと!
たくさん練習して、よし!できた!って思ってもいざ先生の前では緊張して全然弾けないなんてことが多々あります。ましてや大勢の前でってなったら…考えるだけでゾッとします。
なのでいろいろ考えました。今後、できるだけ人前で弾いてみることにします。早速今日は、アトリエに来てくれたキヨミさんに聴いてもらいました。

そして案の定いつも間違えないところを間違える…

でもそれで自分の弱いところがわかるからまたそこを練習すればいいのです。
人前で弾くのが一番の近道かもしれませんね。恥はかかないといけないけど。人の迷惑にならない程度にやってみます。

つか本気やん。ニットもそれぐらい本気でやりなさい!と言われる前に言うとこう。

あ、1dayできました(笑)

1day

ルームシューズです。ほんとに簡単にできるパターンをあみだしましたよ~
今回は、履いた形がキレイなことを重視してつくりました。もちろん機能的にもバッチリなんですけどね。
フェルト底(市販)がもっとしっかりしてれば言うことないんやけどな。
手 芸の副資材って、なんか、もうひと声!というかんじのものが多い気がしませんか?私が完成度を求めすぎっていうのもあると思うんですけど、せっかく便利 グッズをつくるならもうちょっと作品自体の完成度が高くなるようにつくってほしいなと思う。じゃあ自分で作れば?って言われたらそれまでなんですけどね。 私はイチからつくったりするけど、より多くの人が完成度の高い作品をつくれたらもっと感動が広がると思うんですよね。
そのへんは人それぞれ、満足する点が違うと思うので、これ以上愚痴はこぼしませんが、ルームシューズをもっとしっかりさせたい人は底を2枚重ねることをオススメします。

先週から、今通ってる講師科の卒業作品に追われております。時間が全然取れない。
というか他のニットの仕事を優先しちゃうんですよね。どうしても。仕事としてのニットのほうが楽しいです。フィードバックがあるから。でもそんなことも言ってられないくらいギリギリのとこまできてます。やばい!

と言いながら今月は紡ぎのオーダーをいただきこちらを紡ぐ予定。
紡ぎどっさりあります!こっちの方がダントツ楽しいんですけど!

というわけで今月もひきこもりかしらん?

2011年2月20日日曜日

とりあえず2dayレッスンの作品を…

先月のインフルエンザで休んだツケがたまりにたまって、つくりたいもの(つくらなあかんもんも含めて)に追われています。かなり追い込まれてるけど焦れば焦るほどよくないんですよね。
なんだかゼリーのプールで泳いでいるかんじ。もがいても全然進まなくってむしろ失敗ばっかり。
なのでつくらなあかんと考えるよりもつくりたいものをつくっていると意識して日々取り組んでいます。

先週はササタニーチェが発行するメイコグッズの制作の続きと(これが思ってたより大変)やっとこさ2dayレッスンの作品ができました。

1day2dayレッスン

2dayレッスン初の袖つき。
ドルマンスリーブっぽくしていますが、上にジャケットも羽織れるように腕周りはすっきりさせています。うん、形はかなりいいかんじです。研究に研究を重ねた(大げさ)かたちなのでこれから使いまわすかも(笑)すんごい簡単なかたちです。
あえて丈はヒップちょい上にしてみましたが、丈はもっと長いほうがいいという希望が多そうな予感。今年も長めのテローンとした丈のニットが流行りそうですね。私はこの丈でジャストフィットなかんじなんですけど…まぁそれは好きにやっていただくとして(笑)

あと1dayができ次第、HPにアップします。今週中にやります。もうちょっと待っててください(今月一番よく言ってるせりふかも。汗)

つくりたいものがたくさんあるのは幸せなことなんですけど、イチからかたちをつくるのはやっぱり体力と精神力がいるなぁと思います。センスよりも最初に描いたものをかたちにする根性。どこまでしがみつくかとどこで切り替えるかのタイミング。

では、また来週☆「やっとできました~!」って報告できますように。

*オマケ*
前回のブログでアップしたカーディガンにボタンをつけました。
かぎ針カーディガン

写真イマイチ。ボタンが1個1000円もしました。だから1つだけしかつけてないわけではないですよ(笑)

これは着たほうがかわいいです。ですが…
かぎ針カーディガン自分で撮ってみてよりイマイチ。

ブレブレ~

あ、これも2dayレッスン作品の丈と同じくらい。もしかして流行に逆らって、ちょい短め丈がブームかも。

2011年2月6日日曜日

かぎ針の編み地を切断してみたり。

もう2月になりました。はやっ!

今月の1曲を更新しました。秘かな私の愉しみ。
今月はantony and the johnsons とbjorkがコラボしている曲です。antony and the johonsonsは去年ルイスさんに教えてもらって、すごく好きになりました。
美しい歌声とともに耽美的な世界にどっぷりハマれます。舞踏家大野一雄が出ているPVもとってもいいです。

今週は、ササタニーチェのメイコグッズの制作にとりかかったり、課題の続きをせっせとしていました。
ニットカフェ作品はしばしお待ちを!

課題相変わらずこういった編み地をせっせとつくっています。

そして、かぎ針で真っ赤なカーディガンを編んでます。
なんか去年の冬から真っ赤ブームなんです。どうも赤にはこだわりがあるようです。
えんじっぽい赤でもなく朱色でもなく(朱色はわりと好き)、純色の赤。ちょっと深い赤。中国女の赤。ムーミン谷のミーが着てるワンピースの赤。

去年買ったモスリンの影響かもしれませんね。

というわけで課題であるかぎ針のカーディガンは赤いモヘアの糸で編みました。古着にありそうなレトロな形がイメージです。
先生にはどうしてもこれで編みたいとごねました。わりと太いモヘアなのですぐに編めたんですけど、もっと繊細なもの編まないといけないみたい。でもせっかくつくるんやから着れる方がいいもんね。

かぎ針とじてから気が付いたんですけど、丈がちょっと長くなっちゃったんです。どうも縦に伸びる模様だったようです。


なので、意を決して丈をブチンと切ることにしました。
テキストにある「切断と修正」のところを見ながら。初めてなのでかなりドキドキもんでしたよー

かぎ針まずとじたところをほどいて切断したい段の上の段の根元に糸を通します。

切断する段の1ヶ所を切ってその下をほどきます。

モヘアなんで、ほどくのにめちゃくちゃ時間がかかりました。

ほんで糸を通した根元を模様が崩れないようにくさり編みでつなぎます。

かぎ針こんなかんじ~

意外と簡単やん☆

かぎ針うん、切断したって全然わかりません。

あとは縁編み&ボタンをつけるだけ。

ほんまに狙いどおりのレトロ感やわ~

ボタンはまだ購入してないのですが、大ぶりのかわいいのんを上に1つ付ける予定です。

日常に使える服がつくれそうなので満足なんですが、あとは先生がどう言うかです。
他 の人はもっと細い針&細い糸&複雑めの模様で編んではるみたいなので、私だけ追加の課題がでるかもらしい。ここだけの話、そうなったらたまったもんやな い!ので、次回見せる前に、切断修正したんですよー超大変でしたよーとか言ってちゃんと勉強してますアピールをしてました(笑)さあ、どうなるのでしょ う?

2011年1月30日日曜日

SPINNUTS78号について☆

こんにちは。
先週、インフルエンザになってしまったので出遅れてしまった話題なのですが、今回は先日発刊された新しいSPINNUTSのことを書きたいと思います。

内容はポンタさんのHPでご覧いただけます。
今回も前回に引き続きニット大特集のコーナーで作品も数点掲載していただいているのですが、なんとまぁ、モデルもやっています。
spinnuts

おそらく当初は表紙になる予定はなかったと思います。
でもひとつの作品としてポンタさんが気に入ってくださったのでこんなかたちで表紙に載せていただきました。SPINNUTSとしてもすごく新鮮だと思います。
spinnuts
HPのイメージと実際の私は全然ちがうねと言われることが多いのですが、そもそもあまり写真を撮られるのは好きではないというか慣れていません。よくわからんのですよ(笑)なので変顔に走ることが多いです。。。なので変顔は得意ですよ。ええ。

ですが今回はそもそも私がどうこうではなくって岸田美代子さんが織られた作品の良さを引き出すためのツールとして協力させていただいた形なので、本当に真剣勝負でした。
岸 田美代子さんのストールはリンカーンなどの、太い番手で織られたものです。ショールと言えば普通は柔らかい、肌触りのいい細めの羊を使うことのほうがほと んどなんです。なのでどっちかというとショールには敬遠されがちな太めのしっかりした糸になるリンカーンってすごく珍しいんですね。でも手にとってみると 肌触りも悪くないし、なによりびっくりしたのはすごく繊細さがあった。これは岸田美代子さんの技術と考え抜かれた計算のもとだと思うんですけど、麻のよう なしなやかさと強さがあります。はおった時のドレープが本当に美しい!
なので、ブツ撮りではなかなか伝えにくい。ということで人がはおったところを撮ろうということになりました。果たしてこの質感をどうしたら伝えられるのか。それが一番の課題でした。
素人ながらもこうしたらいいんじゃないですか?っていろいろ提案したり、ワンカット撮ったあとにみんなでチェックして改善点を話しあったり…それは作品をつくっていくのとまったくおなじ過程で、まさか自分がこういうかたちの作品づくりをするなんて思ってもみなかったです。

こ こ何年かポンタさんとお付き合いさせていただいて、SPINNUTSもいろんなかたちで誌面に関わってきましたが、ちょっと今回は特別です。すごくいい仕 事ができたなと思ってますし、ポンタさんもそう思ってくれてはるんやろなって伝わるので、充実感があるのですが、はてさて問題は、私たちが伝えたいと思っ ていることが、見る人にはどう伝わっているのかなということです。
身内は、やっぱりatricotがこんなところに!みたいな(笑)ちゃんとした らちゃんとできるんやなとか、別人ちゃうん?とか、黙ってたほうがいいんちゃう?とか、それはそれですごく嬉しい感想なんですけど、どうしてもそういうか んじになっちゃうので、あまり作品としては見れないですよね、やっぱり。
なので、知らない人のブログでこのショールがすごくよかった!ということを書いてあったのを読んだときは、わーちゃんと伝わってるかも!ってすごく嬉しかったです。
本来は、私が出る幕ではないところなんですけど、というかもっと私は自分の表現をがんばらんといけないのですけれども、すごくいい経験をさせていただいたなと思ってます。20代最後の思い出として(笑)

来週からは、引き続き課題を猛ダッシュでつくっていくつもりなんですが、その前にササタニーチェの仕事をします。あとずっとお休みしてしまってるニットカフェの作品も。これもまだ先が読めないんですけど、楽しんでやることにします。

そ うだ、ササタニーチェもSPINNUTSに寄稿してます。身内が言うのもなんですが、文章は彼のほうが上手いです。文章もひとつの表現なので、私もこのブ ログを主に続けていきたいなぁと思っているのですが、全然上達しません。言いたいことの半分も言えてないなぁということがほとんどで。
オシャレすぎて心の残らないテキストが多いなかで、ササタニーチェはわりとストレートな文体と少しひねた思想の入った独特の書き方をしていておもしろいです。

興味のある方はぜひぜひお手にとってみてくださいね♪

ではでは☆

2011年1月23日日曜日

課題が山積みです!

寒い日が続きますね。

みなさん風邪などひいてないでしょうか?

私は流行にのってしまって、インフルエンザにかかってしまいました…

今はすっかり回復しましたが、かかった直後に同僚が立て続けにかかり、伝染するってすごく怖いなと思い知りました。
実はインフルエンザって初めてだったので予防接種もあんまり考えてなかったのですが、来年からはちゃんとします。。。

ということで、急遽教室などあらゆる予定をキャンセルせざるをえなくなってしまって、たくさんの方にご迷惑をおかけしてしまいました。本当にすみませんでした。

外 出禁止が続いたので、本当はずっと寝てないといけないと思うんですが、合間にちょくちょく、全然やってなかったヴォーグの課題を進めました。11月12月 が死ぬほど忙しかったのでずっとためてた分です。ほんとにやらんとやばいなっ!という局面にいよいよなってきたのでスワッチとか作品などをぼちぼちとやり 始めています。

課題アフガン編み&かぎ針のはぎ方、とじ方などのスワッチなどなど。

いろんなパターンがあってとても勉強になります。

小さいんですけど、意外と時間かかるんですね、これが。。

ひとつひとつ技術的なことも確認していかないといけないし。
作業的には好きなんですけど。
課題スワッチ集第2弾。

作品のスワッチとか、編み方を習ったものとか…

ひとつひとつフォークピンで刺すのがめんどくさいので針金のながーいものに焼き鳥のようにぐさぐさと刺してます(笑)

あと、今やってるのはアフガン編みのジャケットと、かぎ針のジャケットと、卒業作品のつなぎとカーディガンと…

ってまだまだ先は長いです。。

でもここんとこずっと機械編みだったので、久しぶりに手編みができて嬉しいです♪

あ、そうだ!
今、ギャラリーアンテナさんで「冬の、おみやげ展」という企画に作品をちょこっと出展させていただいています。

お近くに寄られた方はぜひ覗いてくださいね♪

2011年1月9日日曜日

2011年はじまっちゃいました。

ぼやぼやしてたら年が明けてしまいました。



早速ラッキーなことに、おせちにさつまいものうさぎが☆
幸先いいです♪

今年も宜しくお願い致します☆

一応、HPには元旦にご挨拶を申し上げているのでブログではいいかなぁ~と思ってたんですが、さすがに今言うのはちょっと遅すぎる気がしますね。。

去年もたくさんの方にお世話になり、そしてまた今年もお世話になると思うのですが、その感謝の気持ちをエネルギーに突っ走っていけたらなと思います。

なんですが、いきなり初回から申しわけないのですが…ニットネタが枯渇してます(爆)

去年の暮れからずっと同じものを作ってまして…いよいよ明日、最後の納品ができそうなので、早く新しいのをつくりたいなぁ~とうずうずしております。アイデアはたくさんあるので早く形にしてこちらでも紹介しますね。

えっと今月の予定はギャラリーアンテナさんで開催される「冬の、おみやげ展」に参加予定です。
詳細はこちら

カシミヤのストールシリーズに引き続きなにを出そうかなと思案中です。またおいおい、こちらでも作品をご紹介いたしますね☆

では!