2010年11月28日日曜日

指編みイベントと来月の北欧ワークショップ

更新が2週間空いてしまいました。
目がまわりそうなと言うより、白目をむきそうな忙しさで11月が終わりそうです。
先に鞍馬に行ってよかったー。
でも吉野には行けなかった(泣)ほんとは行きたかった。

えっと先週は城陽の北部コミセンで指編みイベントをしました☆
かれこれ今年で4回目になり、おかげさまで恒例になりつつあります♪
ゆびあみイベント
今回もたくさんの方にお越しいただきました。ありがとうございます♪
なかには、毎年楽しみにしていただいてる方もいらっしゃって、嬉しいです♪

そんで、この人がいないとできない!というくらい頼りっきりの名アシスタントI嬢に今年も助けていただきました。ありがとー

そして、来月はこんなイベントをやりまーす
breeze

北欧柄
北欧柄

北欧柄の編みこみ模様がはいった指なし手袋のワークショップをやります。

編みこみ模様は難しそうだけど、やっぱりニットをやったことのある方なら一度は憧れちゃいますよね。
今回つくっていただく指なし手袋は、2時間でできるような簡単なものではないですが、編みこみをまだやったことのないという方のために、徐々にステップアップしながら編みこみをマスターできるような柄になっています。
もちろん、ご経験者の方もやりがいのある作品なのでぜひぜひ☆
但し、編み物をまったくやったことのないという方には難易度が高すぎるのでご経験のある方が対象になります。
まったくはじめての方はまずニットカフェにいらしてください♪(さりげなく本家の宣伝)

色は2通りのなかから選んでいただきます。

開催日 12月15日(水)
11:30~13:30 or 18:30-~20:30
講習料 4725円(税込) 材料費込みです。

定員がございますので、興味のある方はお早めにお申し込みください

申し込み先 Nordic Garden 06-6245-8588
会場 BREEZE BREEZE(ブリーゼブリーゼ)
3階南側パブリックスペース




でわでわ☆この調子で年末まで突っ走ります!

2010年11月15日月曜日

鞍馬寺でひとやすみ、その次は北欧へ?

最近、北欧のニットをテーマにした書籍が増えてきましたね!
ついついたくさん買ってしまうので、書店には行かないようにしているのですが、周りの人や生徒さんから情報をいただくので、どうしてもうずうずしてきちゃいます。
北欧のテクニックを紹介した本をたくさん書いてらっしゃる林ことみさんの著書はいくつか持っていますが、今回の「毛糸だま」 は北欧特集ですごくいいかんじだったので購入予定です。

自分用に編むヒマって全然ないんですけどね。でも眺めてるだけで楽しくなります。


今回は久々の寺ネタ。先月は私の大好きな壺坂寺と長谷寺を満喫してきたのですが、今回は大阪に住んでる女の子2人を京都に案内するという、いつもと違った趣旨なので、メジャーどころを攻めました。
車で一乗寺まで行き、けいぶん社→鞍馬寺→さらさという、なんだかちょっぴり乙女コース。
そういや、先月鞍馬へは火祭りに行ったけどもお寺さんには行ってへんなぁということで私もワクワクでした☆
鞍馬鞍馬と言えばやっぱり天狗さんですかいな。
お約束の写真を撮ってすっかりおのぼりさん気分です。
鞍馬立派な山門に萌え☆山門の時点で興奮してしまって、連れのお二人に引かれてしまいましたが(笑)ちょっぴり紅葉も色づきだしてええかんじです。
鞍馬ちょっと楽してケーブルカーで登りました。ここももう少ししたら紅葉のトンネルになるのかな?

と いうわけで金堂で参拝し、京都市を一望し、めちゃくちゃ気持ちよかったです。女子3人ってほんま「そうだ!京都へ行こう!」の図で、それもまた私には新鮮 で(日ごろの人間関係がいかにタイトかっていう話。。)いつもさほど撮らない写真をバシャバシャ撮ってしまったのでした(笑)

鞍馬紅葉の季節はどこに行っても人で溢れてるので、この時期に寺巡りをするのはめったにないのですが、やっぱり紅葉も眺めるとすごくキレイ。

そ して、貴船神社に向かうために奥の院を通ろうとしたのですが、まぁなんと、連れの子が「なんかいやなかんじがする!」と言い出したので、急遽中止。このへ ん霊感が強い人はダメみたいですね。私もつられて「そういやそうかしらん。」と適当なことを言ってましたが、実際なんも気づかず(笑)鞍馬寺一体は、今流 行りのパワースポットらしいのですが、なにがパワースポットなのかもよくわからず。。。
でも、鞍馬寺ってすごくおもしろいのが、ご本尊が宇宙生命なんですね。そんな寺聞いたことがなかったのでびっくり。なんかスケールが恐ろしくでかいぞ。確かに雰囲気は京都によくある禅寺とは全然趣きがちがいます。歴史を調べるとまたおもしろいんでしょうね。

鞍馬というわけでまた紅葉を眺めながら引き返すと…
鞍馬なぞのモニュメントが!そこには
「愛と光と力の像 いのち」やって。

やっぱりこの寺変わってる!

一乗寺から鞍馬までは叡山電鉄に乗ったのですが、なんとラッキーなことにどちらもパノラマ列車の特等席に座れました。
鞍馬座席が窓に向いてて、こうやって外の景色を一望できます。まだ11月初めなので有名な紅葉のトンネルは、どこ?今過ぎた?というかんじで終わってしまいましたが、ぼんやり景色を眺めながら贅沢なひとときを味わいました☆

たまには女子旅もよいなとOLさん気分(実際はニートに近い?)になりつつ、でもほんとものすごくリフレッシュできました☆

帰ってからはまた家に引きこもって仕事。今週は北欧柄のアイテムを考えました。
なので鞍馬とはうって変わって北欧のことばーっかり考えてました。北欧の音楽とかかけたりして雰囲気盛り上げて(笑)
と言っても北欧柄とか色とか掘り下げるとまた難しいですよね。
「…ぽい」ものっていくらでも作れるかもしれないけど、自分しか生むことのできない作品を作ろうと思ったら、すごく大変でありおもしろいところです。
結局これ以上は無理だというところまで、ない頭でうーんうーんと考えできたのがこれ。
北欧柄北欧とちがう?
まぁまぁまぁ。

これはあるコンセプトを元につくりました。

またこの場をお借りして詳しくお話しますね。







↑の写真の手は実は男の子です。モデルさんがいなくってやむなく頼んでみたら、意外とキレイに撮れました。でかちょうサンクス☆

 

2010年11月10日水曜日

やっぱりモスリン

こんにちは。

私が密かに楽しみにしている今月の心に突き刺さる1曲を更新しました。100%自己満足なんですけどね~ 今ハマりまくってるanalogikです。最近ごりごりのバルカンミュージックは聴かなくなってジプシージャズばかりでしたが、これはバルカンにエレクトロニックなテイストが入って、これがもうまさにドンピシャでした。 すごくかっこいいんですけどちょっとマヌケなかんじとかほどよい土臭さがあって…て話し出すととまらないのですが、とにかくハマってます~

今回は先週行ってきた谷本さん(今は藤井さん)&ふしきのさんのモスリンの個展について。

fujii+fushikino

今回は秋冬でも着れる色のワンピースを買おうと心に決めていました。
モスリンはとても薄手なのですが素材はウールなので、冬でも着れるのですが、なんせ、今まで購入したものは夏色ばっかりなので、どうしても季節はずれのよ うになってしまうのです。形は愛用しているワンピース型がいい!と形まで事前に決めてしまって果たして、今回はどうかしら…とわくわくしながら行きました ☆

モスリン発色がよいし、相変わらず色の組み合わせも素敵☆





















モスリン服になると、また布だけで見たかんじと違っておもしろい。




















キ レイに染まった布のなかでも、atricotにものすごい個性的なものをチョイスさせようとする藤井さんとの楽しいやりとりもあり(笑)布を体にあててみ たり、試着したり…ものすごく楽しい時間でした。確かにオレンジ色もかわいいし、海底のような深い深い青もたまらなく素敵。
でも、やっぱり今回は地味めなもの(あわせやすいもの)にする!といいつつ…
モスリンこのワンピースに一目ぼれ(笑)
写真より、もうちょっと深い赤です。

勝手に「中国女」というタイトルまでつけてしまい、(ゴダールの映画のジャケットと同じ色なんやもん。)テンションは絶好調でした☆

こちら、前面は写真のような色の入り方なのですが、背面はまた違うんですよ。
そもそもこの服は後ろ前どっちに着てもいいので、気分や、合わせる服によって変えられるのです。








モスリンおまけにこのワンピースと同じ布でチュニックをオーダーしました。これは冬にでも着れそう。

というわけで、またまたモスリンコレクションが増えました。がんばって働かなくては(笑)

なによりおもしろいのは、毎度毎度藤井さんとふしきのさんの挑戦が垣間見れることです。
そして、そのスピリットを体に身につけられること。作家さんの作品を手にする醍醐味だと思います。

良い刺激をいただきました☆