2010年8月29日日曜日

課題が終わらなーい

まだまだ暑い日が続きますが、少し日も短くなってきて既に夏が名残惜しくなってきました。そんなこと思ってるのは私だけかな。
珍しく今月は外に出ることが多かったのですが、その分やることがたくさん溜まってきてしまって、またまた引きこもりの日々に逆戻りのatricotです。

あ、9月の1dayレッスンが早くも売り切れてしまいました…
お断りしないといけなくなった方も出てきてしまい、本当に申し訳ないです。
用意できる数が思ったより少なかったので、今また新しいものを準備しております。
お楽しみに☆

9月2dayレッスン2dayは難しそう~!というお声もちらほら聞きますが(汗)ご予約も何件かいただき好調なすべり出しです。

着たほうがかわいいので、着ていきたいのですが、まだまだ暑くって




今週はずっと課題のセーターを編んでいました。
ロピーセーター?いやフェアアイルセーター?もうなにかわからんのですが(笑)とにかく丸ヨークの編みこみセーターです。

ですが、編み地をミスった!何度かこちらのブログでも紹介しましたが、丸ヨーク以外の部分は普通のメリヤス編みを使うのはNGで、なにか模様編みをしないといけなくって。
すべり目これこれ。
横に筋が入っていますが、筋と筋の間に4段入ってます。
約1cm。




ご つごつした模様編みがあまり好きではないので、シンプルなすべり目模様をセレクトしました。ガーター編みにすべり目を入れた模様なんですが、ゲージが 10cmに44段…ということは30cm編むだけで、132段。とおそろしく進まないんです。細い糸を編むのがお好きな方にはどうってことないかもしれま せんが、私にはちょっとしんどいです。生徒さんには細い糸で編んでる方もたくさんいらっしゃる手前、こんなこと言ってはアレなんですが、できれば機械にか けたいです!(わー言っちゃった。)

ちょうど1週間前の状態。
これは袖です。
やっぱり延々同じ色はおもしろくなーい。しまいに眠たくなってしまいます。

これでは埒があかん!と思って早く編めるようにある作戦をとりました。

もうちょっとで1歳になる甥っ子の隣で編むという変な作戦。
実は、今回の2dayレッスンもこのおかげですさまじいスピードで仕上がったのです。

とりあえず甥っ子の側に行って編み物をはじめると…
甥っ子やっぱり毛糸に興味津々。ひっぱったり毛糸玉を振り回したりするんですよ。とりあえず糸を3mほど引き出しておいて、それがほつれてしまう前に猛スピードで編むという(笑)


甥っ子も楽しく遊べて、私も仕事がはかどるという一石二鳥の作戦です。ほんまかいな
ただし、よそ見ができるプレーンに近い編み地でないと無理ですね。。1歩間違えば、逆に時間のロスになるという危険な賭けなので、編みこみは絶対無理です!たくさん毛糸玉があって甥っ子は喜ぶだろうけど。

フェアアイルとりあえずここまでできました!
編みこみ部分はもちろん一人で編みました。

うーん、やはり編みこみは楽しいです!あと1段編もう、やっぱりもう1段編もう…といった具合に1度やり始めてしまうと、終わらせる方がなかなか難しい。やっぱり好きなんやなぁと思います。

というわけで、もうちょっとで完成しそうです☆来週もがんばります。

*今週のおやつ*
またまた、おいも熱が急上昇!
紅芋生どら
妹が沖縄物産展で買ってきてくれた紅いも生どら。
紅芋生どら生地の色が…!

中には生クリームと芋あんがはさまっていて、超おいしかったです☆
れいちゃんごちそうさま~

2010年8月22日日曜日

四天王寺の万燈会(とっちらかり気味!)

夏ってこんなに暑かったっけ?というくらい溶けそうな日が続いております。
いつも予約の多いのニット教室の日も今月は全体的にひっそり…お盆の用事やお子さんの面倒などで忙しいという方もたくさんいらっしゃるのでしょう。
私はというと、大体日々のことはブログにのっけてるので、こんなことありました~とか話すと「それブログで読みました。」みたいなことを言われてしゅんとしてます。
とか、久しぶりに会って、こっちは「超久しぶり!」ってテンション上がってても向こうは近況知ってるからそれほど…ということも(笑)
でも「読みましたよ~!」と声かけていただけるのは本当嬉しいです!

先日大阪市の北区をグルグル巡るブログのルイスさんのススメで四天王寺の万燈会に行ってきました。
お盆の行事と言えば、お墓参りに大文字の送り火、ちょっと遅めに地蔵盆(関西だけの行事なのを今日初めて知りました。)ぐらいしか知らなかったんですが…あ、一応今年は、六道参りにも行きましたよ。人が多すぎて死にそうでした。
とにかく人が多いところが苦手なので、万燈会もぱっと行ってぱっと帰ろうと思っていました。
正直、万燈会をキャンドルナイトの大規模版というぐらいしか想像してなかったのです。

行ってみてその迫力といったら…うーん、筆舌に尽くしがたいものがありました。

万燈会

魂のように煌々と燃えるろうそくの灯と祈る人たち。子供も老人もヤンキーのような姉ちゃんも、あっついのに、灯を見つめてる。
万燈会

五重の塔から見たお寺さんの図。ろうそくの灯もこんなに集まるとネオンより全然明るい!



たまたまこの日は終戦記念日でした。
灯を見つめながら、戦死した魂を弔う人もいはるやろうし、大切な人を想う人もいはるやろうし、また自分たちの未来に祈る人もいはるでしょう。


火がなくても街が明るいという生活が当たり前すぎて、普段なんとも思わなかったけど、いざ生身の火を見ると、なんだか懐かしい気分になります。べつに昔のことを思い出すという意味ではなく、感覚的に。これは血だと思う。火に向かって祈りを捧げてきたご先祖様の血。
そして、照らされてると感じます。なんだか救われる気持ちになる。
あらためて人間と火はとても蜜な関係にあるということにハッとします。

きっとその場にいた人たちもおなじだと思いますが、火を見ながら、いろんな思いを巡らせていたのでした。


今年は鞍馬の火祭りに行ってみようかな。


***

ニットネタがここ2週間ほどありませんが、というのも、うっとうしい(とか言っちゃだめなんやけど)課題に追われています。全然終わんない!

以前ブログでも書いたフェアアイルセーター。まだやってるんですよ。
編み地のセレクトに失敗しました。だって全然進まへんし、つまんないし(とか言っちゃだめなんやけど)。

さっき、寅さん見る前と見た後の進捗状況を記録しようと編み地の写真を撮りましたがあほくさと思って載せるのをやめました(笑)ほんとちょっと進んだなぁというぐらいで。
おいちゃんは3代目になってましたけど。←寅さんの話。

でも締め切りが9月4日に決まってかなり焦ってます。その他もろもろやらんとあかんことがたくさんあるので、8月いっぱいはまた、引きこもりに戻ります。

ザッハトルテとか言いながら、ザッハトルテのライブに行ってきました。先生かっこよすぎ!アコーディオン熱上がる!というかいまのところ下がったことない!




相変わらずの雑念の多さです。

2010年8月15日日曜日

dejeunerの個展、岩立フォークテキスタイルミュージアムなど濃い濃い東京旅行

お盆真っ盛り(そんな言い方ないですね笑)の暑い日々が続いております。
atricotはというと、思い切ってひきこもりの毎日を抜け出し東京に行ってきました。

今回は妹、甥っ子、母と一緒に行ったので勝手気ままな旅行というわけにはいきませんでしたが、意外にも目的はほとんど果たせてとても濃い濃い3日間を過ごせました。

きっかけは妹のだんなさんの初個展です。

limart

「dejeuner」
limartにて。日差しがたっぷり入るとても素敵な場所でした。つか、ショップ全体が彼の服のためにあるんじゃないかと思うくらい、空間に溶け込んでました。

atricot家おなじみの家族写真(笑)

東京にいる弟も合流してます。
甥っ子が終始寝ていて、パパは悲しそうでした…



到着が遅くってゆっくり見れなかったのですが、彼の作業場はatricotのアトリエの隣家なので、今度邪魔しに行こうと企んでおります。気になるウールのジャケットがあったんですよ。ふふふ。

dejeunerの展示は15日まで(今日までやん!)やってます。
↑の写真がめちゃくちゃかっこいい!邑口くんの写真。

その後、国際新美術館でやってた「マン・レイ展」へ。
膨大な作品数ですぐにおなかいっぱいになってしまいました。
あ えてソラリゼーションなどのダダイズム的な作品が抑え気味だったんですよね。私はベタにもダダイズム的な作品が好きなので、ちょっと物足りないというか… 「これ!」という、ものすごいインパクトのある作品が少なかったです。個人的には彼をとりまく人々の肖像写真がよかったです。絵も見れたのがよかった。で も後半はやっぱりつまんなかった。

あとはジブリ美術館とか…
ジブリ美術館ラピュタのロボットに遭遇。
入場すると観れる短編映画がものすごくよかった!「やどさがし」という映画。
せりふがほとんどなくて、効果音が全部人の声なんです。川の流れる音、川にすむ変な生き物
の動く音、雨の音…主人公の女の子の鼻歌がとてもかわいいと思っていたら、矢野顕子でした。効果音はタモリ。最強コンビじゃないですか!

あとは、うめかよ展とか…
うめかよ写真展またもやばっちり記念撮影(笑)一人で行ったのに。

愛すべきご近所さんたち。かわいすぎる。


岩立テキスタイルミュージアムそして、この旅のメインイベントのひとつは「岩立フォークテキスタイルミュージアム」に行くこと!

おなじみ羊と紡ぎの情報誌「SPINNUTS」に何度か特集されてから、すっかり虜になってしまいました。企画展もどれもこれもすごく素敵なものばっかりで本当に行きたかったの~!!











なぜかうちの弟ササタニーチェがポンタさんからこちらでの仕事をいただき、先にコネクションをつくっていてくれて、もじもじ屋のatricotを岩立さんと、そこで働くひろたさんに紹介してくれました。ありがたい。身内に世話になりっぱなしだよ~

とてもびっくりしたのはひろたさんも岩立さんも、初めて訪れた人たち、ひとりひとりにとても丁寧な説明をされていたことです。とても貴重なコレクションを見せていただくだけでもすごいことなのに…まずこんな至れり尽くせりなミュージアムはないです。
いろいろお話をうかがって、感じたのは、見せ方にとても気を配られるてることです。
単なるコレクターだったら、「これはどこどこのどういう地方の文化の大変レアなものなんですよ。(すごいでしょ。どやさ!)」となりそうなんですが、岩立さんの立ち位置はまったく違います。
「メキシコのはっとするような原色の服ってね、あのメキシコの青い空だから映えるのよ。でもそれを日本でこんな室内で展示しても、その良さって全然伝わらないじゃない?」
とおっしゃってたのがとっても印象的。
つまり、レアなコレクションをただ単にこんな文化がありますよと見せるだけならみんぱくやその他の美術館がその機能をじゅうぶん果たしているので、ここでやらなくてもよいということです。
なので、岩立さんが意識されてるのは、べつに民族衣装が大好きだとか、マニアックな文化が好きだとか、そういう人じゃない人がおもしろいと思ってもらえたらとおっしゃっていました。
実際、展示されてる生地や衣服は、私たちが持つ民族衣装のイメージ(土着的だとか、華々しい色彩だとか)を覆すものもたくさん。そのへんで歩いている人がまとっても全然違和感ないものもありました。
それでいて、市販の服にない魅力があるのは、やっぱり手仕事だから。
民族衣装とそれにまつわる文化を体系的に残す以上に、今ここにいる私たちになにか感じてもらうための橋渡しになれたらと、ニコニコとしながらおっしゃっていました。実際管理も大変だと思うのに…愛ですね。

今回の企画展はしぼり染めだったのですが、染めの知識が皆無のatricotと弟に、ひろたさんがとてもおもしろい説明をしてくださいました。
そう、全然知識がなくても民族衣装って楽しめるんです!

今までありそうで、まったくないタイプのミュージアムだと思いました。

また東京に行く機会があれば必ず行きます!

そんなこんなでまた長くなっちゃいました。
家族旅行だったから残念ながら会えなかった友達もたくさんいて残念だったんですが、久しぶりに会えた友達が最近CDを出さはったので、微力ながら宣伝☆
KANAZU TOMOYUKI/ PRATER













実はCDのこと知ってたんですが、会ったその日に一緒に買いに行くっていうものぐさな私です(笑)
買って間もないのでまだ聴きこむところまではいってないんですが、聴きこむほどいいとご本人はおっしゃってます(笑)
とても心地のいい音と旋律。機械編みのおともにしようと思ってたんですが、あまりに心地よくてうとうと寝てしまいそう。my spaceでも視聴できるそうなのでぜひ。

*******


東京のオマケ

ジブリ美術館

さりげなく窓から覗くネコさん。ジブリ美術館にて。

2010年8月8日日曜日

連続モチーフが編みたい!

暑い日が続きますね!

先日甥っ子の水浴びに付き合いました。こっちは暑くてたまりませんでしたが
なんかこんなことをやってると夏!ってかんじですね。

スピナッツ作品の撮影が終わってホッとするのもつかの間、今月は9月の1dayレッスンと2dayレッスンの作品をアップする月ではないですか!二ヶ月経つのは早いですね~


というわけで今回は2dayレッスンにかねてからやりたかったシームレス(とじはぎがない)プルオーバーを編んでみました。
リネンの原色の色が好きなので、すいすいと編んだのですが、なんか地味…
他の色をいれようかなとも思ったんですが、ここ3作品ほどボーダーものが続いたのでなんかなぁというかんじで。
でもこれ以上難易度もあげられない。ぬおおおお!と悩んでおりました。

結果、苦しまぎれのオプション作戦に(笑)余力のある人はトライしてみてくださいね♪というかたちにしました。苦しい…かな?

ほんでなにをしようかということで、真っ先に思い浮かんだのは丸モチーフです。
丸いモチーフをすそにたくさんつけたらかわいいんちゃうかな~と。
でも丸いモチーフは中心から外側に向けて編むので、何個も編むとなると、糸始末やつなげるのが大変です。

なので、以前後輩に教えてもらった連続モチーフの模様が載ってる本を参考にしてみました。後輩もカーディガンの前立てを連続丸モチーフにしていて、とってもかわいかったのです。
でも本に載ってたものは、どれもデコラティブなので使えず…とってもシンプルな丸でいいんだけど。

というわけでどんな編み方が、キレイで簡単なのか試してみました。


モチーフ絵がへたくそすぎて伝わらないかもしれませんが、これは、先に鎖を7目×モチーフの数を編んでから扇状に編んでいくやり方。これがうまくいけば一番簡単なんですが…








モチーフ編んでみると、つなぎ目がくっついちゃってきれいな丸になりません。目玉焼きみたい(笑)
丸自体もどっちかいうと楕円形になります。
というわけで却下。








モチーフ図がグダグダでこれまたすみません。
これはめっちゃややこしかたです。まず鎖3目を輪にして長編みの円を編み、それから鎖を6目編んで、その戻って3目めを引き抜き輪にして、あとの3目分は引き抜いて…って、説明よりも左の写真の下の図を見てもらったほうがいいかも…







モチーフ編んでみるとキレイなんですが、なんせ説明するのにややこしいのと、先に個数を決めてしまわないといけないので、手のゆるさで寸法が変わってしまうと裾に使えません。
なので却下!

でももっと複雑な連続モチーフはこの手の技法が使われてるみたいです。

そして後輩にどうやった編んだのか聞いてみると、1枚ずつ編んでいく方法を教えてくれました。早く聞けばよかったです。

モチーフまず鎖7目を編んで、端から4目めに長編みをぐるっと編みます。引き抜いて完全な丸モチーフになったらまた7目編んで、同様に半円分編んだら、さっき編んだモチーフに引き抜いてまた半円編みます。これを繰り返します。








モチーフできた!
だーっと編んでいくと、ねじれがちなんですが、このように、円の上下が1点でも固定されてると安定します。

というわけでこの編み方を採用することに♪

かぎ針が得意な方にとってはなんてことない技法だと思いますが、ここまでたどりつくのに結構時間かかってしまいました。しかも最終的に後輩に教えてもらうという(笑)
でもかわいいアクセントになったので、無事着地できました。あーよかった。






作品は近々1day2dayレッスンのコーナーで発表しますので、お楽しみに☆
このプルオーバー自体も簡単に丸ヨークが編める技法を使っていて、すごくオススメなので、また後日紹介させていただきます♪

2010年8月2日月曜日

久しぶりの更新です。SPINNUTSの話など近況いろいろ。

めちゃくちゃ久しぶりの更新になってしまいました。
つくることに夢中になると、それ以外のことがどうしてもおろそかになってしまいます。
先日も普通に話していたつもりなのに、「心ここにあらずってかんじ」って言われてしまって…とっても反省してます…

暑 くてとてもニットなんか…という方もいらっしゃると思いますが、7月はひたすら部屋にこもってニット三昧の日々でした。それはそれでしんどさもありました が、もうすごく幸せです。そういえば、ひどい夏風邪をひいてましたわ。夏風邪ってこんなにしつこいんや!と身に染みました。。。

なにをつくっていたかというと、ほとんど次号の「SPINNUTS」に掲載させていただく予定の作品です。
今回は連載中の「1枚のフリースから」企画と、なんとなんとなんと、「ニット特集」にちょこっと登場する予定です。なので、写真は載せることができないのですが、先週、撮影が無事に終わりホッとしている次第です。すごいプレッシャーでした。
ほんで原稿書いたりとか、掲載する製図を清書したりとか、なんか本当に7月はポンタさんと一緒に仕事させてもらうことが多かったです。



spinnutsブツ撮り中。暑さのなかてんやわんやでポンタさんと変なテンションになってとてもおもしろかったです。

上等な一眼レフのカメラを持たせてもらって、私も撮影がんばりました。

ですが、全然ピント合わないんですね。。。採用される写真はポンタさんが撮った写真ばかりで(当たり前なんですけど…)私が撮っても無駄なんちゃうかなぁと思ってた矢先に、ポンタさんが
「あ、これ私の視力に合わせてたわ」
と。ボタンをちょこっといじると、私も無事ピントが合いました。2人で大爆笑!

すっかり、私の乱視がひどくなったんかと思いました(笑)

それでもなかなかいい写真は撮れなかったんですけど…いやはや撮影は難しいです。
でもそんな私にほぼ1日中付き合っていただいたポンタさんの器のでかさといったら…本当に感謝感謝です。

今回は機械編みの作品ばかりです。

機械編みはまだまだ初心者なので、仕上げはテキストとにらめっこしながらやりましたが、デザインはともかく、仕立てはまぁまぁうまくできたと思います。

じつは、今後は機械編みの作品をどんどんつくっていきたいのです。
なので、これが出発点と思っています。

い つもは1dayレッスンの作品など生徒さん向けだったり、甥っ子にあげたりと、対象がばっちり決まっているものばかりでしたが、今回はこれから自分はどん なことをやっていきたいのかということを考え考え、つくりました。なので、精神的にキツいなと思うことも多々ありましたが、やっぱりもっともっとつくって いきたいな!という気持ちでいっぱいです。

次号のSPINNUTSの発売はまだ先ですが、詳細がわかり次第こちらでもアナウンスさせていただきます☆乞うご期待☆

これでちょっぴり一息つけたかなと思いきや、1day2dayレッスンの発表があるんですね~!しかも今月の中旬の予定なんですね~!今必死につくってます。
楽しみにしていただいてる方のために、ぬぉぉぉぉ~と編んでます。今から宣言しておきますが、2dayは編む量多めです(笑)でも自信作になる。はず!

なので8月も相変わらず引きこもることになりそうですが、ブログはちゃんと更新しますっ!
というわけで今後とも宜しくお願いします☆

*オマケ話*
次号のSPINNUTSの表紙をちらっと拝見したのですが、むむむむちゃくちゃかっこいい表紙なんです。ポンタさん私物のヌイ・プロジェクトのジャケットです。
じつは、私もあまりのかっこよさにどさくさにまぎれて写真を撮ったので載せようかなぁと思ったんですけど、やっぱり表紙がすんごくかっこいいから、ここでは控えさせていただきます。
サイトもすんごく素敵な作品ばっかり。ポンタさんも取材に行かれたということなので、ますます次号のSPINNUTSが楽しみです。