2010年10月31日日曜日

めちゃくちゃな配色のアフガン編みにハマる。

こんにちは~atricotです。
今週末はお仕事で岡崎アートフェスティバルに行ってました。
京都の友だちやお世話になっている方にたくさんお会いできて楽しかったです♪

私も周りの店をうろちょろ。今回ゲットしたのは…
岡崎アートフェス古書やさんで美術館の図録とかわいい箱に入ったアート本(っていうの?)を購入。どっちも激安でした。

そしてなんと、アートフェスの横の会場で画材まつりがやってたんですよ。それが激アツで!私の大好きな文房具がところ狭しと並んでおりました。それも激安で!
岡崎アートフェス

…なんぼノート買うねん。

でもすんごい安いんですよ。1冊50円とか…
RHODIAの方眼ノート、月光荘のスケッチブック、スウェーデンのメーカーballgrafのボールペン、もう天国です。

あと精華大の学生さんが染め&描いたTシャツ。好きなピンク色やったのと肩の白ステッチがぐっときたのとでついつい買っちゃったんやけど、つくった方といろいろ話してたら、あ、これは間違いない、いい買い物だと思いました。なんかうまく言えないけど、そういうの大事です。












などなどで、相変わらず仕事中でもめざといというか(よく言われます)まぁこんなんやから部屋に物が溢れるんですな。

また前置きが長くなってしまいましたが、今回はまたもや色について。
色合わせの難しさはこのブログで何度も何度もボヤいてましたが、こないだおもしろかったのは、ニット教室でのこと、生徒さんが編みこみをするのにこんなかの色から選んでください~というのに、20色ぐらいあったんですね。
最 初はグレーベースに白に…とわりと合わせやすい色にされる方向やったんですが、横から私や生徒さんが「このピンクは?」とか原色ばっかり指して、この3色 でもかわいいですよ~とか、好きなこと言って生徒さんを困らせておりました(笑)結局最初とは全然違う色になりました(笑)横から好きなこと言うてるくせ に、私も逆の立場やったら絶対迷います。ある程度の好みはあっても、いつもおなじような色あわせやとつまんないし、他の人の合わせ方もすごく気になっちゃ います。最終的に何でもアリに思えてきてしまうという…たぶん色に関してはこんなふうに一生悩み続けるのだと思います。でもそれがまた楽しいとこでもある んですけどね。

またべつの生徒さんに紡ぎ糸の注文をいただきせっせとつくっていたのですが、その方は毎年糸の色を変えられていて、今年は どんな色合わせがくるんだろうといつも楽しみにしています。いつも選ばれる色は1種類の糸につき10色。10色ってほんと編みこみに使う色より多いので、 私やったら色を決めるだけで1年かかるんちゃうかってくらい至難のように見えます。
紡ぎ糸今年はこんな色になりました。
これは息子さんのベスト用。小学校1年生になるしょうちゃんと相談して決められたそうです。

ブルー&グリーンがベースでオレンジと黄色が差し色になっています。
紡ぎ糸こちらは娘さんのはなちゃんに編むワンピース用の糸。こちらはピンクがベースなんですが、ブルーと黄色がところどころ入るかんじです。

紡ぐ前の原毛や、この糸を見てたらちょっぴり派手やなという印象なんですが、編んでみるとすごく落ち着くというか、あたかも綿密な計算がされているかのようにしっくりいくんですね。
でもわりといつも感覚で選ばれているので、それもまたすごい。

というわけで、私も刺激を受けて、よし好きなように色を選んで編んでみよう!と思いました。
アフガンそう思って今編んでるのがこのアフガンの編み地です。ジャケットになる予定。



いつもは編む前にバランスとか、配置とか完璧に決めておいて、それに沿って編むというパターンが多いのですが、今回はまったく逆です。なにも考えずそのときいいなと思った色をチョイスしてます。派手ですが、ちゃらんぽらんなかんじではないのが不思議~

アフガン編み地はこのようにぱっと見ではどうやって編んだかわからない複雑な編み地です。ちょっと織りっぽいかもしれませんね。

こうやってみると結構めちゃくちゃな配色…

先 に全部決めておけば後がものすごくラクなんですが、その都度決めるというのも、時間はかかれどすごく楽しいです。おかげでここ1週間はアフガンしかやりた くない病にかかってしまいました。すごくハマってます。その場その場で行き先を決めるという感覚は一人旅に近いかんじですね。

というわけで、今後これがどうなってしまうのか私もわかりませんが、きっと予定より早くできるはずなので11月中には全貌をアップしたいと思います♪

0 件のコメント: