2010年9月19日日曜日

編みこみ人口を増やそう☆

こんにちは~atricotです。

やっとこ涼しくなってきて、ニットしたいなって人が増えてきましたね。
動画の再生数がぐっと増えたようです。私は恥ずかしくて全然見ませんけど…撮り直したいところもいっぱいあるし。

ニュースでもやってたけどKENZOがニットのキットを出したとか…

「MY KENZO TRICOT」

もっとこういうニュースが増えて欲しいです。


atricotが今年こそはと企んでるのが編みこみ人口を増やすことです。

生徒さんが先日編まれたものです。
編みこみ


いやはや大作です。
私も久々にへちまカラーの製図をしてドキドキでした。
前立てを身頃から拾っていくんですが、最終段でゴム編み止めが終わるまで、ちゃんと衿が落ち着いてくれるかどうか読めなくて、万が一間違って編み直しってことになったら…と思うと、本当に胃が痛くなっていたのですが、うまくいってよかったです♪というか、私が不安な
気持ちになってどうすんねん!やし、最後まで「大丈夫です!いいのができますよ!」と気丈にふるまっていたのですが、内心はこんな調子です。本当、ついてきてくださるみなさんに感謝感謝です。

そして、嬉しいことに、私も編みこみやろっかな~!という方が増えてきております。
私も編みこみ人口を増やしたいのです。経験者の方はどうってことないという方もたくさんいらっしゃるとは思いますが、どうも編みこみって難しいイメージがあるみたいで。
今日はそんな方に向けてこれを書いてます。実は私も編みこみ歴が浅いのであんまりえらそうなことも言えません。
編みこみは大きくわけて横に糸を渡すパターンと縦に糸を渡すパターンがあります。
↑の作品は前者。しかも簡単なほう。(模様によりけりですが。)
確かに↑の作品のように、ぱっと見こんな色数あったらなんぼ大変やてなりますよね。
でもこの模様の場合、1段に2色しか入ってないのが肝なんです。
たくさん色数があっても、たとえば赤×黄の模様が編めたら、次は青×緑、次は黒×グレー、というふうに、基本は2色模様の展開です。編み地をよく見てみたらおわかりかと思います。
編みこみ
これはよくない例(笑)1段のなかに3色、ひどいときは4色はいってます。私が考えたんやけど(笑)いざ編んでみるとめっちゃめんどくさい。編み地の裏がえらいことになってしまうので、縦に糸を渡す編みこみ方法と組み合わせてます。。。

でも編みこみ図案集を見るとほとんどが2色の組み合わせでおさまってます。3色のときもあるけど、そんなにしょっちゅうでてきません。

で も2色の編みこみ自体が難しいのんちゃうん?と初めての方は思われるかもしれませんが、これは糸を出す方向を別々にしたら解決します。フランス式とアメリ カ式に。普段メリヤスを編むとき、糸を左手にかける人と糸を右手に持って右手でくるっと針にかける人がいらっしゃいますよね。
前者がフランス式で後者がアメリカ式です。私はフランス式ですが、うちの生徒さんは半々です。
2色の糸の一方を左手にかけてもう一方を右手でもって編んでいくと糸がからまなくてとてもスムーズに編めます。
どっちか一方しかやったことがない人でもやってみれば意外とできるものです。
2dayでこっそり一部分に編みこみを入れたんですが、最初はちょっとたどたどしいのが、1段編むと結構みなさんスムーズにされてましたよ~
ほんで、柄ができていくのも達成感があって、楽しいもんです。
編みながら映画とか野球中継とかは見れないかもしれませんけど…(最近わかったんですが、野球中継を見ながら編む派の生徒さんが意外と多いので笑)

というわけで、今後のギャラリーに編みこみ作品が増えるのを期待しつつ…編みこみ親善大使を一緒にやってくれる方を募集中です☆まぁまずは楽しく!が基本なので、苦行や~という方には無理にオススメしませんが(笑)
あと、余談ですが、これニット全般に言えることかもしれませんけど、買い物してるときに服を見て「これ欲しいけど、編めるんちゃう?」と思ってしまうという副作用もついてきます。とかいってなかなか編まないんですよね、これが

0 件のコメント: