2010年4月18日日曜日

苦い思い出がよみがえる、5年前の「独りワークショップ」

こんばんはatricotです。
今週は珍しく、ホームページを毎日のように更新しました

5-6月の1day2day レッスンもアップしました~!ブログの右側→にも載ってます♪

ほんで、こちらのblogで何回か紹介してましたが、スタンダード からセミプロまでの資格講習で編んだ作品10点をworksに載せました。
そしてですね、また昨日、新しい場所で続きを受けています。セミプロからプロ に。つか既にプロとしてやってますけども(笑)
うん、なんかこんなことして、本当遠回りしてるな~てかんじなんですけど…ここまで来たら最後まで やっちゃえと思ったのです。

昨日はひたすらあらゆる作り目のやり方を編むという…作り目地獄でした。




で もこれ…私、ひとりで昔やったわ~と。

そして、棚から、あるファイルを取り出して、ゆっくり開けてみたのでした。

ニット 勉強そうそう、このファイル。
こ れをつくってからもう5,6年経つのかな。

一番辛かったときのことです。
就職活動を して、まだニットに未練があったときに、京都で厳しいという評判のニットの先生のもとに作品集を片手に半べそになりながら訪れ、「ニットで食べてけます か?無理やったらはっきり無理って言ってください、就活に戻りますから!」と、初対面の方になんてこと言うんや!ってかんじですが(笑)でも先生が「つい てきなさい!」と言ってくれたので、それから本格的に教えてもらうようになり、大学も卒業して、さあ本腰入れてやるぜ~!というときに、先生が急にお亡く なりになられました。ここだけの話、仕事もまわしてもらえるかなという…今から考えたらめちゃくちゃあつかましいんですけど、そういう期待もあったので本 当目の前が真っ暗になりました。
それと同時に勤務先が潰れ、仕事もない、ニットもどうしたらいいかわかんない、いわゆる当時最先端のニートになっ てしまいました。おまけに好きな人に振られるし(笑)
でも、ニットだけでもちゃんとモノにしたいなと思って、先輩に指導書を借りてかたっぱしから 勉強したときに、つくったファイルがこれなんです。
このファイルのタイトルが「一人」ではなく「独り」って書いてるところが、なんか当時の孤独な 気持ちを彷彿とさせます(笑)

なんか相変わらずヘタレやな~と、今となっては思います。こんな勉強できる環境があった時点でものすごく恵 まれてるし、その割りに、やたらクヨクヨしてうざったいヤツだったんやろなぁと思うのですが、当時はなんだかものすごくつらかったっていう感情だけ残って います。戻れって言われても絶対イヤだなぁ。。

ですが、このファイルの1部をご紹介することにします。

ニット 勉強←これ1枚でニットの基礎的 な技術がぎっしり詰まってるという「基礎編み」です。

今から見ても技術的に完璧なのに、糸始末をしていないというところがatricot らしい(笑)

ニット 勉強ニット 勉強作り目のバリエーション。昨 日やった内容とほぼ一緒のことをやっていますが、やっぱり内容的には昨日の方がずっと濃かったな…これが「独り」の限界なのかと納得。

ニット 勉強ニット 勉強生徒さんたちに嫌われてる引 き返し編み(笑)と止めのバリエーション。











ニット 勉強ニット 勉強模様編みもひととおりやって ます。
技術的なポイントをすごくマメに記録しているのですが、相変わらず糸始末をしていない(笑)
ほんでたまに、「最高にダサイ。」とか 文句まで書いてあるところもなんかatricotらしい(笑)

とまぁ、こんなかんじで延々と続くので、これぐらいにしときます。
でも見れば見るほど、当時の感情がよみがえってきて、なんだか ハッとさせられました。
社会性もないし(今もわりとないけど)、視野も狭いし、先のことなんてまったく見えなかったけど(今もやろ!とルイスさん に突っ込まれそうやけど)、ニットを誰よりもうまくなる!という気力だけで生きてたような気がします。
その分、めちゃくちゃ生意気やったし、私が 先生やったら、その鼻をへし折ってやりたくなりますが、見たものやったものを200%吸収してやる!ってギラギラしてたと思います。

で も、昨日の講習では、どう効率よく課題をこなすかで頭がいっぱいでした。ただ、ここだけの話、目の前の先生は信用できる人かどうかというのは、ものすごく 目を光らせていましたが…相変わらずイヤな生徒です。先生がとても素敵な人でよかった。

ほかにやりたいことがたくさんあるので、効率を考 えることは、それはそれで間違ってないと思いますが、当時の自分のギラギラした気持ちが、いいのか悪いのか薄れていってる。明らかに負のパワーなんやけ ど、教科書を食べたら身につくとわかったら、本当にバリバリ食べてそうなぐらい勢いやったなぁ。。。。

なんて、今はしみじみできるような 段階ではないことに、書きながら気づく
つ か、5年たって振り返ってるようではいかんいかん。


あ、そうだ!「どうしたらニットがうまくなりますか?」という若い方からの質 問メールを結構な頻度で頂きます。ありがとうございます。そういう方にはこの「独りワークショップ」がオススメです。確実にニットがうまくなります。


ちなみに、私の最初のニットの扉を開いてくれた故長谷川先生は、ニットの技術的なことはもちろん教 わりましたが、技術的に合ってるか合ってないかというより、そのニットの仕上がりが美しいか、美しくないかということに重きをおかれた方でした。私が無理 やりごまかそうとしてもすぐに見透かされ、「あなたがそれでよければそれでいいけど。」という決めゼリフ(?)をいつも言われました。半べそになってほど いた記憶があります(笑)

その感覚を私は受け継いでるはずなんですが…だったら糸始末ぐらいしようねと言われそうです(笑)あわわ。

0 件のコメント: