2009年6月28日日曜日

いらないものを捨てたらゴミ袋20袋分になりました。

こんにちはatricotです。

先日、友人のamahoさんが、服をヤフオクに出品したり、本を売ったりと、やたらと身辺整理をしているので思わず
「もしかして死ぬんじゃないだろうね?」
と問うてしまいました。

ちゃうわと。

どうも彼女はシンプルライフという考えに傾倒しているそうです。
彼女のブログからも垣間見えます。「シンプルライフのすすめ」

最近、求めないことの素晴らしさを説いてる本とか捨てる技術が書いてある本など、なんかモノを持たないでおこう!みたいな本が多いです。
私は彼女のオススメの本をまだ読んだことがないので、また違うのかもしれませんが…

ムダなもののなかに本質がある!と思っているatricotは内心、自分には関係ないわと思っておりました。

以前にもお話しましたが、収入のほとんどを大好きなブランドにつぎこんでしまう、今の世のなかからしたら、ちょっとダメな人の方が心魅かれるのです。

私も糸貧乏だし…でも糸はなんぼ持っててもいいと思う!糸あってのニットですから。なんなら墓場まで持っていってもらってもいい!
あと、民族もんとか、昔のニット本とか、資料系の本の収集がやめられません。
気に入ったアーティストのCDは全部聞かないと気がすまないし、好きな監督の映画はビデオ屋になかったらアマゾンで買います。(大体ないんです。泣)
目下、今年は編み機が数台揃う予定…

そんなこんなで、なにかと収集グセのあるatricotです。
これでいいわと思っていたのですが、とうとうこれでよくなくなってきたのです(笑)

編んだ作品のしまう場所がないんです!

自分の編んだ作品ぐらいは大事にしまっておきたい。虫に食われたくない。人にあげたくない。そもそも人にあげるほどのものじゃない(あかんやん!)

ということで、一念発起して部屋を大改造することにしました。

じつは引越しを一度もしたことがなく、今の部屋になって10数年経っております。
収集グセにともない、捨てられないというやっかいな性格なので、部屋にはもうそりゃモノがあふれております。

なので、まず捨てよう!と。そしたらタイトルどおり、ゴミ袋20袋分のいらないものがでてきたわけです。

なにを捨てたかというと…

*ほかしたものリスト(ほんの一部)*

・おしゃれな電話 (←こういうタイプのです。赤くてプッシュフォン)

・ミラーボール(家庭用)

・伸長法の本(背が低いのがコンプレックスで中学のとき親にナイショで買いました。かなりあやしかった。)

・乗馬帽

・初めて付き合った人からのラブレター

・ディズニーランドの従業員が着てる皮のベスト(もちろんウエスタン)とテンガロンハット

・あむあむ(編み機の子供版)

・レインボー柄のベルボトム

・かつら

・忍者セット

・デヴィッドボウイ風の鳥の羽ストール

・全身タイツ

・全身網タイツ


……なんでもういらんと思わへんかったんやろう。

つか、私は一体どこへ行きたかったんやろう(笑)

ひとつひとつにつっこみどころが満載です。ほとんどがもらいもんですが、atricotが導いてたんでしょう。忍者セットって、もらったの確か20代のときですよ!

でもこう書いてみると、まだまだモノに多少の未練があります。とくにもらいもんは、ごめんなさいっ!というかんじで…あ、ラブレターはなかったな(笑)なんか、振り返ってみるとすごいがんばってた10代20代だったんだなぁとしみじみ。




というわけで、早速amahoさんに「20袋分捨てたよ!」とご報告しました☆
ほんで、ここぞとばかりに「死ぬんちゃうやろね!」と言われましたが、はじめは死ぬかも!と思うくらい捨てたと思ったんですが、部屋を見渡すと…


なんとか作品を収めるスペースはできましたが、これで「いつ死んでもいい!」と、言えないくらいまだまだモノがあったのでした。
しかも衣装ケース買いすぎた~

2009年6月23日火曜日

ニット×仏像シリーズ第2弾!今回は阿修羅を編んでみました。

だいぶブログがあいてしまいました。。。

先週は羊と紡ぎの情報誌SPINNUTSの撮影があったので、作品づくりにかなり追い込まれてしまいました。いやはや辛かったなぁ。
毎回お題のある企画なのですが、今回は「異業種の人とコラボレーション」でした。
そこでatricotは迷わず、木工業を営む父を選んだのですが、まぁ大変でした!でもいい作品ができましたよー!

今日は、以前にも少しお話した、仏像ニットの第2弾について。

ちなみに前回の作品はコチラです。


もう既に、着すぎてちょっとモケモケになってしまってるぐらい着てます。すごくお気に入り♪
ということで、今回もやってしまいました。
今回は私の一番好きな仏像、阿修羅です。
もう東京での公開は終わったみたいですが、それにしてもものすごいブームでしたね!
あの阿修羅を後ろからでも見れるという今回の展示は、私もかなりそそられましたが、なにせ連日超満員だったようで…ゆっくり見れなかったという声をよく聞きました。

もともと阿修羅ファンのatricotは、「おいおい、ちょっと騒ぎすぎでないかい?」と、なんか嬉しいような、寂しいような…複雑な気持ちした。

デビュー当時から好きだったバンドがオリコンチャートにランクインするほど売れてしまったときの、ファンの心境に近いかも。
そういうファンって、ライブとか行っても、他の客に対して、「私はあんたたちみたいなミーハーとは違い、もとから好きだったコアなファンなのよ。」という顔をしてますよね(笑)

うーん、認めたくないが、まさにそんなかんじかも!
阿修羅が表紙になった雑誌を見ると、「あら、表紙になんかなっちゃって!」っと思ってるわりには即買いしてるんです(笑)はい、3冊持ってます。
そして、テレビで「癒されました~!」とか「あんなイケメン見たことない!」とか言ってる来場者のインタビューを見ると、ちょっとイライラしてました(笑)イケメン目当てやったら来るとこちゃうやろ!と、いちちつっこんでみたり…

とか言って、私も初めて阿修羅様にお目にかかったのって2年ほど前だから、結構最近なんですけどね(笑)あんま変わらんやん!

でも、こんなブームになるのも無理ないと思うんです。
阿 修羅は人を動かす力のある仏像だと思います。それはね、本当に見てみないと伝わらないと思うんですが、初めて阿修羅に出会った瞬間のことを今でもはっきり と覚えています。癒されるとかそんなんじゃなく、もう衝撃で、口をポカーンとあけたまま、立ちすくんでしまいました。まれにみる、生きた仏像であらしゃる なと、あとあと思ったものです。
あ、阿修羅について語るスイッチが入ると、あと1時間はかかりますので、ここは泣く泣く次の話に進みます。

まぁ、そんなこんなで、あの阿修羅様を編み地にとりあげるのは、少々気負いがありましたが、前回とおなじように、純粋に好きなものを編み地にしようと。そいういう気持ちで編みました。
今回はスカートです。

デザイン画はこれです。



今回も織りの本を参考にしました。特にグァテマラの織りが好きなので、色をたくさん使っての編みこみに挑戦しました!

で、編み地がこれです。
イメージは「阿修羅と音楽」。
阿修羅が音楽を奏でるとどんなことになるかを想像しました。

編み図自体はエクセルを使ってコツコツと書いてるのですが、使える色数が少なく、実際編んでみたらあんまり…という色あわせがでてきたので、実際の色をちょっと変えています。







ライブ感のある柄にしたかったのですが、編んでる途中はあまりわかりませんでした。結構地味やなぁと思いながら編んでましたが、そうでもありませんね(笑)


全然関係ないけど、応援にかけつけた雲中供養菩薩(笑)













これを見ていただけたら、おわかりかと思いますが、今回は反省点の多い作品となりそうです。
まず、技法的な面で数点。
ニットの編みこみは、大体1段で3色以上はあまり使わないのです。でもどうしても使いたかったので、どういう技法を組み込めばいいか、かなり悩みましたし、何度も編み直しました。
結局、編みこみ、スレッド編み、メリヤス刺繍と、3通りのやり方を使いましたが、もっとキレイに仕上がる方法があったはず…よくよく見ると目がすごく汚いのです。

でもやりがいはありました。
あ、でもまだあと半分編まないといけないのです。
また完成したらご報告します。
このスカート自体にもかなり笑えるエピソードがあるので、それと合わせてお披露目させていただきますね♪

2009年6月7日日曜日

岡山で休日を満喫☆

こんにちは、atricotです。

ニットの仕事をしているので季節柄、この時期はヒマになるかと思いきや、今年は嬉しいことにバタバタとしております。

しかし!大胆にも3連休をとって岡山に遊びに行きました☆よっ!大胆!

というのも、家では休みが休みにならないからです。常に糸やら針がそばにあるとどうしてもやってしまうんです。逆になにもしない方が苦痛です。

かといって外に出てばかりだと疲れる…

なので目下、私にとって最高の休日は岡山で過ごすことなのです☆

岡山は、家族プロジェクト第2弾でも記憶に新しいですが、最愛の妹れいちゃんとatricotの親友でもあるれいちゃんの旦那様が住んでいます。

ずっと前から計画していたのでウキウキで朝イチの新幹線で行ってまいりました☆

1日目はおウチでゆっくり。休日と決めていったのですが、またつくっちゃいました。

手紡ぎの糸でつくったベイビーのルームシューズです☆

即興でつくったので、右と左と若干サイズが違う(汗)









パパの靴と並べてみるとかわいい☆








もう言うてもええと思うのですが、なんとなんとれいちゃんは結婚直後、お子ができはったんです。
今ではお腹ポンポコリンですわー。

あとは、一緒にベーグルをつくったり、ピアノを弾いたり、DSで漢字検定したり(2級がなかなか受からない!)…これからつくる服を考えたりとのんびりのんびり。

あーほんと癒されました。

あとの2日間は外で遊びました。
蒜山高原に行きました。
ものすごく広い牧場があったので羊を期待していたのですが、牛がほんとまばらにいるだけだったのですぐに引き返しました(笑)






そこで釣堀を発見!











atricot人生初の釣り&釣った魚☆
(魚が大きく見えるようにちょい下からのアングルで撮ってもらいました。笑)










これが一番大きかった☆
ニジマスです。






早々に食べるatricot(笑)
旦那さんが七輪で焼いてくれました。
ニジマスっておいしいね☆釣った魚がこれほどウマいものだとは!3人で8匹をペロリと食べました☆





次の日は海沿いへ。
海の見えるテラスでカレーを食べました。
気分はすっかり岩城滉一です。ジャワカレーのね♪

あれ、今はジャワカレーのCMは坂口憲二なのか。




ジャワ度(?)高し!海鮮カレー!











それ以外にもファーマーズマーケットで新鮮な野菜を物色しながらいちごソフトを食べたり、古着屋に行ったついでにブルーシールのアイスクリームとクレープを食べたり、牧場でジンギスカンを食べたり…

って、食べてばっかりやんか!

まぁ、休日はそういうものです。だって休日だもの☆

今晩泣く泣く帰ってきたのですが、目の前にはまだつくってない糸と編み図の山が…




………うー………









明日からにします。




*今日の傑作*

ニジマスを釣りあげ、興奮する妊婦。
こんな妊婦さんはそうそう見かけないので(笑)

2009年6月1日月曜日

上醍醐寺にて苦行!

インフルエンザ騒動がやっとこさおさまってきたようです。

でも修学旅行とかたくさん中止になったみたいです。

ということで!この今こそが寺の行き時なんじゃない!?

と、京都は醍醐寺に行って参りました。

じつは、おととしからatricotは西国三十三ヶ所巡りをはじめましたのですが、行ったのはまだ2つです(笑)

岡寺(奈良の明日香)と紀三井寺(和歌山)です。

京都のお寺さんもいくつかあるのですが、いつでも行けるわと思って全然行ってなかったのです。
行っても肝心の納経帳を忘れたりとか

上醍醐寺は三十三ヶ所のうちのひとつなので、ここぞとばかりに納経帳を持って、寺師匠(!)のルイスさんと行ってきました。

霊 場ツアーの仕事ばっかりしていた添乗員時代、ここの上醍醐寺に当たった人はみんな「うわー!」とか「サイアクー!」とか「きつー!」とか言うてはったの で、どうやらここは納経所(ハンコ押してもらうところ)がかなり山奥にあるのだと想像はついていました。が、普段の格好で行ってしまいました。

まずは醍醐寺へ。(醍醐寺の奥に上醍醐寺があるのです。)
豊臣秀吉が建てたというこのお寺は、それはまぁご立派でした。こんなこと言ったら怒られるけど、寺というより金持ちの家ってかんじでした。立派なお庭は写真撮影禁止。ケチ!
監視員のおばちゃんもいて、全然ゆっくりできませんでした。





なんと、上醍醐寺が少し前に落雷のために全焼してしまったため、ふもとの醍醐寺で納経帳にハンコを押してもらうことができました。



正直、ラッキーと思ってしまいました。

でもそこで帰るのもあれなので、もう少し周りをウロウロすることに。


あ~うん?














あれよあれよと言う間に上醍醐寺のふもとへ。
参道いや、あきらか山道やん!という道が目の前にありました。
もちろん、寺なんか見えません。山です、山!
入り口には杖まで用意してあります。

住職さんによると、お寺にいくには大体1時間くらいかかるそう。

同伴のルイスさんは「登るよね~?」みたいな顔をしている。
atricotの内心は
「え?登るの?ハンコもらったよ。お寺焼けてるよ。それでも登るの?水とか持ってないよ。」
と焦っていましたが、atricotが「やめとこか。」という前にルイスさんが
「大人2枚。」
と入山料を払っていました!


ということで、上醍醐寺めがけて山を登ることになりました。

そっから、山頂まではとにかく坂道&階段ばっかり…。階段と言っても、山の階段です。
これがまーきつかった!
笑えるのが、登ってるときのatricotの写真がすべて、本気でツラそうな顔をしていることです。


ああしんど。
水飲みたいっ!
まだ半分も行ってないのー?
ぜぇぜぇ。
仏様はなぜ私を山に登らせるのか…!
(元凶はルイスさんですが)
もう立てへん…

もちろん、すれ違う人には「こんにちはー!」とあいさつします。ほんまに登山ですやん!
そしてみなさんは、ちゃんと完璧な登山の格好をしてはるので、あきらかに場違いなatricotでした。
ですが、前にちんたらーと歩いてる人がいると、なぜかがんばって抜かしてしまうのです。

なので40分で登りきってしまいました!


まずやるべきは山頂で記念撮影☆

本人はキメてるつもりですが、思いっきりへっぴり腰です(笑)足腰キテます!カッコ悪っ!


というわけで、山頂にたどりついたのですが、なにしろ上醍醐寺は見れず、もう少し奥まで行って五大堂を拝見しました。
そこに不動明王五尊が…!どこかで展示するため巡回していて、奇跡的に落雷を逃れたというすごいパワーの仏像です。

←一部ですが…









ものすごい迫力でした。山頂まで登ったかいがあったなぁ!でも、なにしろ疲れてヘトヘトなので、ずーっとボケーッと見つめていたら、

「このヘタレい!」

と、喝をいれられたような気がしました(笑)

しんどいしんどいと言っても仕方ないので、帰り道は
「いやぁ山登りもいいもんですな。」
「登山好きの人の気持ちもわかる気がする。」
「そこに山があるから登るんです!」
「仏さんが見えました。」
とか言うてみたけど、ウソです!

すがすがしさより、しんどい方が上回ってました。よほど運動不足なのです。
翌日の筋肉痛ときたら…!動きがロボットみたいでした。
でもルイスさんは
「オレは生まれたての小鹿のようやった。」
と言ってました(笑)

うーん、仏像ニットアーティスト(肩書き変わってる笑)として、こんなことで苦行と言っては、明王様に怒られそうです。これはなんとか乗り越えないといけませんが、まず日々の苦行すら足りてないかもしれません…トホホ

運動するにもニットするにも、日々の積み重ねが大切ってことです。





と、自分に言い聞かせるatricotでした(笑)





*オマケ



寺の近所にあった保育園で見つけました。
一体なにをしているのだ!










写真はすべてルイスさん撮影。ありがとう。