2009年12月31日木曜日

今年はどんな年でした?

はぁ~!掃除がやっと終わりました!

今日も打ち合わせやなんやらでギリギリまで仕事していたatricotでした。
でも岡山で ゆっくりしたのでべつに休みたいとも思わないのですが、正月は家で思いっきり編み物するっ!

机を整理してたら、今年の教室日報ファイルが 目にとまりました。

出張やニットカフェなど教室をしたら必ず生徒さんがなにを編んではるか、次はどう進めたらいいかなど、できるだけ細か く記録するようにしています。
でないと、ほんと忘れてしまうから。書いててもよく忘れています。お心あたりのある方スミマセンっ!

2009 年の1月から、教室1回につき1枚書いているのですが、一体今年は何回教室したんやろうと思って数えてみました。

全部で90枚。というこ とは今年の間で90回教室をしていることになります。
アヴリルを入れたらもっとになるけど、なんせその回数に自分でもびっくりしました。

本 当にありがたいことです。

今年一番、手ごたえを感じたのは製図でした。
資格の授業のなかに製図をまるまる写す作業があるのです が、やりはじめてしばらくは「これに何の意味があるのだろう?」とずっと思っていました。写すだけなので、もちろん数値なんか覚えられないし、理屈がわ かっても実戦で使えるのかどうかもわからないし、それやったら生徒さんの製図やってるほうがずっとためになると考えてました。

でもね、あ る日突然、同じ作業をやってたときに、すすすーっと頭に入ってきたんです。形から数字から出来上がり図からなにからなにまで。
めちゃくちゃ気持ち よかったです。ここまで登ったからこそ見れる景色があるんだーって。
それで初めて、その作業をやる意味を見出せたのでした。

きっ とひとりで勉強しているだけだったら、なかなか感じることのできないことやと思います。

たくさんの生徒さんの製図をさせてもらって、自分 なりに経験値をあげて初めて感じたことです。
本当に恵まれた1年でした。
このスキルをまた、たくさんの人たちに還元するのが来年の目標で す。

なんかものすごく真面目になってしまいましたが、わけもわからずフラフラになりながら動いていた去年とは違って、今年はちょっとゆっ くりしてしまった時期もあったけど、自分の強みと弱みがはっきりわかった年だったなぁと。振り返って思ったのでした。

そうやって振り返っ たとき、ある人がくれた言葉を必ず思い出します。

「atricotの才能は人に恵まれてること。それも才能なんやで。」

ニッ トってひとりでするものってずっと思ってたけど、そんなことないんですね。
ニットでしんどいことや嬉しかったことを思い出すと、いろんな人の顔が 浮かびます。

また来年もいろんな人を巻き込んで(今年は巻き込まれての方が多かったな笑)、突き進んでいきたいと思います。

で はでは今年最後の更新になりましたが、みなさま佳いお年をお迎えくださいませ。

*オマケ*
ベビー マント
ベビー 帽子
前回のブログで紹介したベビーの作品はこんなかんじになりました ☆
来年も甥っ子の成長が楽しみです。つくりすぎもほどほどにしなくては(笑)

0 件のコメント: