2009年11月29日日曜日

スピナッツギャザリングに出演するも惨敗。

こんにちは!atricotです。
以前のブログでもちょこっと宣伝していましたが、今日はスピナッツギャザリングというイベントに行ってきました☆

スピンハウスポンタさ んが発行されてる羊と紡ぎの情報誌スピナッツに連載をさせてもらって丸2年が過ぎました。1頭の羊をニット担当のatricot、織り担当のoriori さんでわけて作品をつくるというこの企画、今日は第一回目の連載から最新号までの作品や、その過程をスライドショーというかたちでご説明させていただきま した。

スピナッツ会場はスピンハウスポンタさんの近くにあるたかつかさ保育園でした。
緑に囲まれたすごく素敵な場所です。
スピナッツもみじもこんなに色づいていました。
そういや、今年は紅葉を見に行ってないなぁ。。。。

atricot&orioriさんコンビのほかにも素晴らしい作家さんが出演されてました。
スピナッツ先日ブログでも書かせていただいたキリム修復職人のオスマンさん。実際にキリムの修復を実演されていました。


スピナッツそして、相変わらずかわいすぎるキリムグッズ!この色合いがたまらん!
何年もたって、ちょっと色あせたかんじがすごく素敵です。
また買いかけました(笑)

でもまだこないだ買ったカバンは使ってないんです。。。なんかもったいなくて。




スピナッツグァテマラの織り文化と原始ばたの実演をされていた星野先生は、実際8年間グァテマラに住まれて織りを研究されてた方です。グァテマラの織りも色合いが強烈!原色や派手な色ばかり使っているのにイヤミじゃない。atricotは一度マネしようとして大失敗したんですよね…

なので、その失敗をとりかえすべく必死に話を聞いてましたよっ(笑)



スピナッツ富田潤さんのスライドレクチャー。つか、会場満員です!
スピナッツ村上由希子さんのフェルト帽子の展示もすごく迫力がありました。
制作のスタンスや、お店を出される経緯についてのお話は、今回一番の収穫でした☆

スピナッツatricotもorioriさんと一緒に作品を展示してました。
右も左もわからなかった第一回目から、5回目までの作品を並べて、なんだかしみじみ。ほとんど徹夜でつくったな…(笑)


というわけでですね、盛りだくさんの内容だったイベントだったのですが、肝心のatricotのトークはというと…

前日までに、スライドに合わせて、これは言わなきゃ!ということを書き出して、何度もイメトレをしたにも関わらず、言いたいことの1割も言えませんでした…。「うまく喋れてたね。」っていろんな人が言ってくれはったけど、それって…感想でもなんでもないし…余計へこむ…

ス ライドショーってめっちゃ難しいです。写真に合わせて話すも、時間が限られるし、ちょっとおもしろいことを言っても、(言ってへんかも)真っ暗なのでお客 さんの顔がわからず、反応してもらってるのか全然わかんなくて焦るわ噛むわ。ワキ汗びっしょりでした。みうらじゅんといとうせいこうのザ・スライドショー を見て予習するべきだった。(スライドショーと言えばこれしか思いつかず笑)

きっとスピナッツを読んでない方には「なにがロックやねん。」って思ってはったと思いますわ。

内心ものすごくへこんでました。周りのすごい方々を見て、「なんで私がここにいるの?」って思ったし、そう思われてるんちゃうかなって、(また被害妄想なんですけど)なんだかもう消えてなくなりたかった。。。ほんとポンタさんに申し訳なかったです。

でも、グァテマラの星野先生やポンタさんが応援してくださって、すごく励まされました。
そして、あらためて自分の環境が恵まれてることに感謝です。
だってね、このイベントでもそうなんですけど、ポンタさんのおかげで、いつも自分より経験を積まれた方と一緒に仕事をさせていただいてます。その分精神的にキツいときもたくさんあるんですけど、ものすごく自分自身が成長できるチャンスなのです。



それにしても限られた時間で伝えたいことを伝えるって難しいですね。ほんと。

その点ブログはいいですよ。字数制限がないので(笑)

そしてそして、私はなにかを伝えるのに、ニットという手段があるので、いいんです!








と、強がるatricotなのでした。

0 件のコメント: