2009年10月25日日曜日

ネイティブアメリカンを目指したロピーセーターその後…

アンニョンハセヨー

最近とうとう韓流ドラマに手を染めてしまいました。
でも、韓国のドラマは、ひとつに何十話とあるので、数はこ なしていませんが、好きな人はめちゃくちゃ観てはりますよね。例にもれず、ここ1年くらいうちの両親ともどもハマってしまって、睡眠時間をけずって観ま くってはります。さすがにそんなことはしたくないですけど、好きな俳優さんはちゃっかり見つけました(笑)

まぁ、それはさておき、今日はロピーセーターの話です。

以前、田守先生の課題でロピーセーターを編んでますという話をしました。

「ロピーセーターの柄をイメージしながら、勝手に世界旅行&迷走。」

うわ、これ書いたの8月かー!

そら生徒さんや友だちに「あれはできたん?」ってつっこまれるはずです。
気になってくれてはるのはすごく嬉しいんですけどねっ♪

ロピーセーター前回はすその部分の写真を載せていましたが、ヨーク(衿)部分が編めました。
やっと多色使いの編みこみに慣れてきたかな?というかんじです。
編んでる間はめちゃくちゃ楽しかったです。










ロピーセーター衿ぐりの始末は、細編み+バック細編みという手でいきました。簡単で、見た目すっきりするから、ほんとよく使うatricotの得意な手。

でも、1回目はヨークの目を減らしすぎて首がはいんなくて…もう一度やり直し!ラクしようとするといつもこんなことになります(笑)




でも、なんかこれでは物足りないなぁという気がして。

というのも、最初のテーマはネイティブアメリカン風だったんです。
その割には、メインカラーのブルーグリーンから間違ってるんですけどね(笑)

なので、前回にもお話したとおり、ヨーロッパの古着っぽいとか、チロリアンっぽいとか、北欧っぽいとか、まぁなんつーか、曖昧なものになってしまいました。
民族もの好きなわりには、全然勉強できてないという証拠ですね。今べつの作品でもまったくもっておなじ現象が起こっていますが、それはまた後に話します。

でも、このままで終わるのはなんか悔しい。
本当は、もっと派手にしたかったんです。

というわけで、最後の悪あがき(?)にフリンジをつけることにしました。

ロピーセーターストラップをつける要領で、糸をつけていきます。
でも、この糸はシルクウールだから、これだとすぐほつれてしまったり、毛玉ができるので、これでは完成度は上がりません。









ロピーセーター フリンジということで、atricotの新兵器登場!

金の羊さんで購入。

これでなにをするかというと…




ロピーセーター フリンジクリップに糸端をはさみます。








そして、ハンドル一定右方向にぐるぐる回して糸をねじります。
ロピーセーター フリンジ撚りがかかってきた!









ロピーセーター フリンジそれを2本合わせて、今度はさっき回した方向と反対向きに回します。するとうまく糸がからまるのです。







ロピーセーター フリンジ同じ長さになるように、すそで結んでいきます。
最初はこんな風に定規をあてて長さ8cmになるようにと、やってみたんですが、伸縮性のある糸なので、全然揃わなくて、結局定規を使わないほうがうまくできました。






ロピーセーター フリンジできたー!これで糸端を切り揃えてできあがり。











このねじねじフリンジは、そもそも織りのタテ糸を始末するときに使われる技法のひとつです。
こんな房の織りのマフラーありますよね。
もちろん器具を使わず手動でもできます。一度やってみたらわかるけど、指紋がなくなるんちゃうかと思うくらい指の腹が痛くなります。ヘタレなatricotは2本ほどやってみてすぐ買いに行きました(笑)

いやはや、新兵器を使っても相当めんどくさかったんですけど…
まぁでも、使える手なので引き出しに入れておこう。

ロピーセーター完成☆

え?全然変わってない?

それよりも、atricotとしては、あんなけ気をつけてボディに着せたのに、なぜか全体的に右肩上がりになっていることがすごく気になる…。


ちょっと前に編んだ仏像ニットで、もう課題には時間をかけないぞ!と心に誓ったのにも関わらず、すごい手をかけてしまいました…






課題って失敗しても「しゃあないかー」で終わるから気持ちがすごくラク。
ほんでやっぱりやるからには自分の知らないことや、やったことないことをやりたいなぁとついつい欲が出てしまいます…その度に他の作品が遅れるんですよっ。と自分に言い聞かせつつ…でもまた次回のカウチンのデザインで四苦八苦してます。

カウチンのマイテーマは「モンゴル」。
がですね、いろいろネタを探るうちに今度はモンゴル→中国少数民族→インド刺繍→ペルシャの陶器と、これまた世界を巡っているわけです。
今回はシンプルで力強い文様を求めています。ほんでだんだん中東に向かっていっているような気が…つか、これってシルクロードじゃないですか?よく分かりませんが。

って、全然こりてないですね(笑)

0 件のコメント: