2009年8月30日日曜日

紡ぎ糸でケープを編みました☆プラスちょっと早すぎるSPINNUTSの告知。

過ごしやすい日がちょっとずつ増えてきましたね。

ある日の晩、涼しい風を浴びて、ああ気持ちええなぁとボケーとしてたら、はっ!と思い出したのです。

いただいてたケープのオーダー、涼しくなってからでいいわよと言うてくれてはったのですが…もう涼しいやないかい!

もうそろそろやらないと(汗)

ということで急いでとりかかりました。


ドラムカーダーを譲っていただいたWitさんからのオーダーです。
Witさんは織りをされてる方で、atricotの人生の大先輩でもあります。
Witさんのブログ→スローライフ織り物語
ドラムカーダーと一緒にWitさんの手紡ぎの糸が入ってて、この糸で編ませていただくことになりました。

紡ぎ糸単糸の甘撚りの糸。
ものすごく柔らかくて気持ちのいい糸でした。しかも草木染もされてて、なんとも言えない優しい色合い。








他の人が紡いだ糸でなにかつくるのはじつは初めてで、とても新鮮でした。すごく編みやすかったです。
紡ぎ糸オーダーなので、ゲージもいつもよりでかい(笑)
自分のだと、ついつい手を抜いてちっちゃいゲージしか編まないのです。ほんまはあかんのやけど







とにかくこの糸が好きになりました。そしてそれはおそらく相思相愛ではなかろうかと勝手に思ってます。そんな糸でした。

紡ぎ糸のケープほんで完成!
以前の2dayレッスンのケープのかたちというのがリクエストだったので、その編み図をもとにしました。
(かなりいじりましたけど…


ちゃんと思ったかたちになってるか試着してみました。




紡ぎ糸のケープこうやって衿付きとしても着れます。


個人的には納得の出来なんですが…




どうかどうか気に入ってもらえますように!

ご主人様にしっかり仕えてきてください☆とお嫁にだしました



いやはや、ものすごい素敵な縁ですよね。
譲っていただいたドラムカーダーは嫁入りしてからというもの大活躍しております☆

そうそう、先週は、原毛屋ポンタさんから、フワフワの羊を連れて帰ってきました。

農 場で羊を育ててる人がいて、そこからポンタさんのとこへやってきて、atricotの手元にわたり、その羊はWitさんからのドラムカーダーでキレイキレ イにかたちを変えて…この時点で、まだまだはたから見るとただの羊毛なんですが、ひとつひとつの作業で、いろんな人の顔が浮かびます。
そして、今度は着てくれる人を思いながら手を動かすのです。

なんか単に編むのもじゅうぶん楽しいんだけど、こういった工程のなかで、なんとなーく誰かと繋がっている気になれるのはもっと楽しい☆
なんとなーくね。

あ、そうそう、来月末に羊と紡ぎの情報誌SPINNUTSの新刊が発行されます。

まだアナウンスするにはちょっと先なんですけど、今回はひとりでも多くの人に読んでほしくって。
そんなこと言うといつもは読んでほしくないんかいっ!っていうツッコミが入りそうなんですけど(笑)
いやいや、SPINNUTSは毎度毎度、本当に素晴らしい内容なんですが、私の作品がたまにイマイチなんです。ああ、言ってしまった。実力不足なので、こればっかりは仕方がないです。

ですがっ!今回は読んでほしいです。
なんでかというと…
SPINNUTS サンプルこれは、SPINNUTSに付けるサンプルです。

今回私が使った素材です。








ただいま、SPINNUTSを手にとっていただいた方全員に、素材に触れてもらえるよう一生懸命サンプルをつくっています。それもあって、気持ちがついつい先走りしております。

これは木なのですが、つくってくれたのは私の父です。

そう!今回は笹谷木工を営んでいる木工職人、父とのコラボレーションです。
ニットという枠を超えてなにかをつくるということも、ひとつの大きな壁だったのですが、これに加えて、父と娘のあいだでのやりとりということもあって、まぁこれがいろいろあったわけです


おっと、ここではこれ以上言えませんので、予告はポンタさんのHPをぜひぜひぜひご覧ください☆
スピナッツ74号予告

この企画をいつも一緒にやらせていただいてるorioriさんの作品もほんと素敵ですよー

また発刊の際にこちらでもアナウンスしますね♪

ではでは、乞うご期待☆

0 件のコメント: