2009年6月1日月曜日

上醍醐寺にて苦行!

インフルエンザ騒動がやっとこさおさまってきたようです。

でも修学旅行とかたくさん中止になったみたいです。

ということで!この今こそが寺の行き時なんじゃない!?

と、京都は醍醐寺に行って参りました。

じつは、おととしからatricotは西国三十三ヶ所巡りをはじめましたのですが、行ったのはまだ2つです(笑)

岡寺(奈良の明日香)と紀三井寺(和歌山)です。

京都のお寺さんもいくつかあるのですが、いつでも行けるわと思って全然行ってなかったのです。
行っても肝心の納経帳を忘れたりとか

上醍醐寺は三十三ヶ所のうちのひとつなので、ここぞとばかりに納経帳を持って、寺師匠(!)のルイスさんと行ってきました。

霊 場ツアーの仕事ばっかりしていた添乗員時代、ここの上醍醐寺に当たった人はみんな「うわー!」とか「サイアクー!」とか「きつー!」とか言うてはったの で、どうやらここは納経所(ハンコ押してもらうところ)がかなり山奥にあるのだと想像はついていました。が、普段の格好で行ってしまいました。

まずは醍醐寺へ。(醍醐寺の奥に上醍醐寺があるのです。)
豊臣秀吉が建てたというこのお寺は、それはまぁご立派でした。こんなこと言ったら怒られるけど、寺というより金持ちの家ってかんじでした。立派なお庭は写真撮影禁止。ケチ!
監視員のおばちゃんもいて、全然ゆっくりできませんでした。





なんと、上醍醐寺が少し前に落雷のために全焼してしまったため、ふもとの醍醐寺で納経帳にハンコを押してもらうことができました。



正直、ラッキーと思ってしまいました。

でもそこで帰るのもあれなので、もう少し周りをウロウロすることに。


あ~うん?














あれよあれよと言う間に上醍醐寺のふもとへ。
参道いや、あきらか山道やん!という道が目の前にありました。
もちろん、寺なんか見えません。山です、山!
入り口には杖まで用意してあります。

住職さんによると、お寺にいくには大体1時間くらいかかるそう。

同伴のルイスさんは「登るよね~?」みたいな顔をしている。
atricotの内心は
「え?登るの?ハンコもらったよ。お寺焼けてるよ。それでも登るの?水とか持ってないよ。」
と焦っていましたが、atricotが「やめとこか。」という前にルイスさんが
「大人2枚。」
と入山料を払っていました!


ということで、上醍醐寺めがけて山を登ることになりました。

そっから、山頂まではとにかく坂道&階段ばっかり…。階段と言っても、山の階段です。
これがまーきつかった!
笑えるのが、登ってるときのatricotの写真がすべて、本気でツラそうな顔をしていることです。


ああしんど。
水飲みたいっ!
まだ半分も行ってないのー?
ぜぇぜぇ。
仏様はなぜ私を山に登らせるのか…!
(元凶はルイスさんですが)
もう立てへん…

もちろん、すれ違う人には「こんにちはー!」とあいさつします。ほんまに登山ですやん!
そしてみなさんは、ちゃんと完璧な登山の格好をしてはるので、あきらかに場違いなatricotでした。
ですが、前にちんたらーと歩いてる人がいると、なぜかがんばって抜かしてしまうのです。

なので40分で登りきってしまいました!


まずやるべきは山頂で記念撮影☆

本人はキメてるつもりですが、思いっきりへっぴり腰です(笑)足腰キテます!カッコ悪っ!


というわけで、山頂にたどりついたのですが、なにしろ上醍醐寺は見れず、もう少し奥まで行って五大堂を拝見しました。
そこに不動明王五尊が…!どこかで展示するため巡回していて、奇跡的に落雷を逃れたというすごいパワーの仏像です。

←一部ですが…









ものすごい迫力でした。山頂まで登ったかいがあったなぁ!でも、なにしろ疲れてヘトヘトなので、ずーっとボケーッと見つめていたら、

「このヘタレい!」

と、喝をいれられたような気がしました(笑)

しんどいしんどいと言っても仕方ないので、帰り道は
「いやぁ山登りもいいもんですな。」
「登山好きの人の気持ちもわかる気がする。」
「そこに山があるから登るんです!」
「仏さんが見えました。」
とか言うてみたけど、ウソです!

すがすがしさより、しんどい方が上回ってました。よほど運動不足なのです。
翌日の筋肉痛ときたら…!動きがロボットみたいでした。
でもルイスさんは
「オレは生まれたての小鹿のようやった。」
と言ってました(笑)

うーん、仏像ニットアーティスト(肩書き変わってる笑)として、こんなことで苦行と言っては、明王様に怒られそうです。これはなんとか乗り越えないといけませんが、まず日々の苦行すら足りてないかもしれません…トホホ

運動するにもニットするにも、日々の積み重ねが大切ってことです。





と、自分に言い聞かせるatricotでした(笑)





*オマケ



寺の近所にあった保育園で見つけました。
一体なにをしているのだ!










写真はすべてルイスさん撮影。ありがとう。

0 件のコメント: