2009年6月28日日曜日

いらないものを捨てたらゴミ袋20袋分になりました。

こんにちはatricotです。

先日、友人のamahoさんが、服をヤフオクに出品したり、本を売ったりと、やたらと身辺整理をしているので思わず
「もしかして死ぬんじゃないだろうね?」
と問うてしまいました。

ちゃうわと。

どうも彼女はシンプルライフという考えに傾倒しているそうです。
彼女のブログからも垣間見えます。「シンプルライフのすすめ」

最近、求めないことの素晴らしさを説いてる本とか捨てる技術が書いてある本など、なんかモノを持たないでおこう!みたいな本が多いです。
私は彼女のオススメの本をまだ読んだことがないので、また違うのかもしれませんが…

ムダなもののなかに本質がある!と思っているatricotは内心、自分には関係ないわと思っておりました。

以前にもお話しましたが、収入のほとんどを大好きなブランドにつぎこんでしまう、今の世のなかからしたら、ちょっとダメな人の方が心魅かれるのです。

私も糸貧乏だし…でも糸はなんぼ持っててもいいと思う!糸あってのニットですから。なんなら墓場まで持っていってもらってもいい!
あと、民族もんとか、昔のニット本とか、資料系の本の収集がやめられません。
気に入ったアーティストのCDは全部聞かないと気がすまないし、好きな監督の映画はビデオ屋になかったらアマゾンで買います。(大体ないんです。泣)
目下、今年は編み機が数台揃う予定…

そんなこんなで、なにかと収集グセのあるatricotです。
これでいいわと思っていたのですが、とうとうこれでよくなくなってきたのです(笑)

編んだ作品のしまう場所がないんです!

自分の編んだ作品ぐらいは大事にしまっておきたい。虫に食われたくない。人にあげたくない。そもそも人にあげるほどのものじゃない(あかんやん!)

ということで、一念発起して部屋を大改造することにしました。

じつは引越しを一度もしたことがなく、今の部屋になって10数年経っております。
収集グセにともない、捨てられないというやっかいな性格なので、部屋にはもうそりゃモノがあふれております。

なので、まず捨てよう!と。そしたらタイトルどおり、ゴミ袋20袋分のいらないものがでてきたわけです。

なにを捨てたかというと…

*ほかしたものリスト(ほんの一部)*

・おしゃれな電話 (←こういうタイプのです。赤くてプッシュフォン)

・ミラーボール(家庭用)

・伸長法の本(背が低いのがコンプレックスで中学のとき親にナイショで買いました。かなりあやしかった。)

・乗馬帽

・初めて付き合った人からのラブレター

・ディズニーランドの従業員が着てる皮のベスト(もちろんウエスタン)とテンガロンハット

・あむあむ(編み機の子供版)

・レインボー柄のベルボトム

・かつら

・忍者セット

・デヴィッドボウイ風の鳥の羽ストール

・全身タイツ

・全身網タイツ


……なんでもういらんと思わへんかったんやろう。

つか、私は一体どこへ行きたかったんやろう(笑)

ひとつひとつにつっこみどころが満載です。ほとんどがもらいもんですが、atricotが導いてたんでしょう。忍者セットって、もらったの確か20代のときですよ!

でもこう書いてみると、まだまだモノに多少の未練があります。とくにもらいもんは、ごめんなさいっ!というかんじで…あ、ラブレターはなかったな(笑)なんか、振り返ってみるとすごいがんばってた10代20代だったんだなぁとしみじみ。




というわけで、早速amahoさんに「20袋分捨てたよ!」とご報告しました☆
ほんで、ここぞとばかりに「死ぬんちゃうやろね!」と言われましたが、はじめは死ぬかも!と思うくらい捨てたと思ったんですが、部屋を見渡すと…


なんとか作品を収めるスペースはできましたが、これで「いつ死んでもいい!」と、言えないくらいまだまだモノがあったのでした。
しかも衣装ケース買いすぎた~

0 件のコメント: