2009年5月31日日曜日

「ラグジュアリー:ファッションの欲望」展@京都国立近代美術館

毎度!atricotです。

先日からコツコツつくっていた仏像ニットができました☆
はっきり言って、会心の出来でございます

仏像とニットの新たな可能性を発見(大げさ?)した一枚です。


えと、今回はそのネタだけでは物足りないので、先日行ってきた企画展の話を。

久しぶりに美術館に行ってきました。
ずっと、行こう行こうと思っていたこの企画、24日に終わってしまうということですべりこみで行ってきました~!
なので、これを見て興味を持って頂いた方は、もう終わってしまったので申し訳ないのですが…

ラグジュアリー:ファッションの欲望

「ラグジュアリー」をキーワードに、ロココ時代から現代の服を展示してありました。

いやはや楽しかったです。
この近代美術館は何年かに1度、このような服飾系の展覧会をしはります。
それが、毎回すごいのです。どんなけ持ってんねん!というくらい所蔵品が充実しております。今回は、前回見た企画展の服とちょっとかぶっていましたが、それでも見応えアリアリのコレクションでした。
特に1800年代の服と、1920年代のヴィオネ、シャネルの服が充実してます。普通は見れないです!多分!

インフルエンザ感染者が京都に発見された翌日だったので絶対ガラ空きだろうと思っていたのですが、意外にも人は多かったです。

写真がなくて残念ですが、すごくおもしろかったのは、ギャルソンの川久保玲の作品がずらーっと並んである部屋でした。

平置きして撮った写真と、それを実際にボディに着せた状態とを並べて展示していました。

え、こんな形のものが、着るとこんなことになっちゃうの!?

という、本当にびっくりするようなものばかりで、その発想に感嘆とため息がでっぱなしでした。

服の生地はニットニットしているものはほとんどなくって、おそらくジャージー素材(これもニットですが…)やバイアスを使ったもの、フェルトっぽいものなどさまざまでした。

ニッ トも伸縮性があるので、平置きした状態と着たときとでは全然違います。私も少しはそれを意識して自分の服をつくります。でもここまで発想は豊かではない なぁ。。。。と、まぁ一流のなかの一流の人なので、比べるのおこがましい話ですが、自分がデザインをするときに無意識にあらゆることにおいて制限をかけて しまっていることを痛感しました。

もっともっとニットという武器を使って自由になりたい!

と、目の前の服たちにこれでもか!というくらい大いに刺激を受けました。

でもそのわりには全然製作が進んでません。はぁー
いろんなものが締め切り間近です。


まま、気を取り直して…

この企画展は、各時代の「ラグジュアリー」とは何だったか?という観点で、時代とともに移りゆく価値観を、服を通して、とてもわかりやすく説明されていました。

では、現在のラグジュアリーとは何か?
ラグジュアリーっていうより贅沢と呼んだ方が親近感があるのではないでしょうか?

今は高級志向一辺倒ではなく、人によって価値観は様々です。

最近は特に、身の丈にあった贅沢なり幸せを見つけようと謳われてることが多いと思います。
そりゃこの不況ですもの。

だからこそ、この関連企画がおもしろかったのです!

新収作品展「都築響一 着倒れ方丈記」

狭いアパートの1室で暮らしてはったりと、決してセレブではない生活だけど、ひとつのブランドに出会い執心し、身を削ってまで熱烈なコレクターになった人たちの写真です。

すごくおもしろいのは、写真がすべてその人たちの部屋のなかで撮られていることです。コレクションをずらーっと並べてもらって。
部屋って、必ず生活感がでると思います。現実そのものです。そこに、非現実な高級ブランドが並べてある光景ってすごく不思議なのです。

この企画は雑誌「流行通信」に連載しているときから好きでした。それが最近ひとつの本になったようです。

出てくる人たちは、お給料の半分以上をそのブランドにつぎ込んだりとか、わざわざ全国のショップをまわって買い集めたりとか、もう人生がそのブランドを中心にまわってるというかんじで、身の丈にはあった贅沢とは決して言えません。

でもなぜだろう、見ていてとても気持ちがいいのです。

はたから見るとすごくクレイジーだし、自分の彼氏がこんなんだったらちょっと…いや、だいぶイヤです。絶対デート代とかケチってまで自分の服につぎこんだりとかしそうです。

でも、見ていてとても気持ちいいんです。なんだろう、この爽快感は!

私自身も、身の丈にあった幸福を大事にしようと思っているはずです。でもなぜ、こんな感情が湧くのでしょうか…?

まぁ、すぐに答えは見つかったのですが(じゃあこんなにひっぱらなくても!)

彼らが夢中だからです。addictedだからです。

なにかに夢中になるのには理屈なんかありません。

だから身の丈にあうあわないと考える隙間もないのです。
でも私はもっともっとニットに夢中になれるのに…って思ってしまいます。
夢中になってるときと、理屈ばっかりに目がいって、イマイチ夢中になれてないときがあります。その差がありすぎます。本当は24時間わき目もふらずに行くとこまで行ってしまいたいっ!
それが私にとっての一番満たされた状態、一番の贅沢です。と、言い切れます。

キヨシローの気持ちE!状態です。誰よりも気持ちE!と叫びたくなります。

もっと知りたいし、もっと技術を修得したいし、もっとつくりたいし、もっと糸と道具も欲しいし、もっと時間も欲しい。寝ないといけない時間だから…とか、そんなこと考えずにやりたい。でもそれやっちゃうと明日がしんどい!ああどうしたらいいの!

というように、もっともっとだらけで欲にまみれるあまり、たまにしんどいです(笑)
でも欲がないとおもしろくないやんと、内心ではおもとります。あれ?身の丈にあってない?(笑)そんなもんはクソくらえだいっ!

ということで、変なところでニット魂に火がついてしまって、早く帰りたくなったatricotでした(笑)

0 件のコメント: