2009年4月26日日曜日

念願かなって羊の毛刈りに挑戦!

どうも!羊のことを考えると興奮して逆に眠れなくなるatricotです。

というくらい、自他ともに認める羊好きですが、今週はそんなatricotの長年の夢であった羊の毛刈りを体験してきました!

なんと!畜産技術協会がされている技術研修に参加してきました。
なので、これは遊びではなくあくまで研修。
実際に研修を受ける方々はみんな牧場で働いていたり、農場を持っていたりと100%現場の人ばかり。
もちろん、一介の羊好きというだけであるatricotにはそんな資格はありません。いつもお世話になっているスピンハウスポンタさんのおかげで、見学というかたちで参加させていただいたのです。本当にありがとうございます。ポンタさんは羊を触っただけで種類だけでなく品質がわかり、それを管理するという「クラッサー」という資格をお持ちで、この研修で原毛の選別について講習されていました。

毛刈りまず最初にお手本を見せていただいたときの写真です。実際の毛刈りを見るのも生まれて初めての体験です。
ものすごい衝撃でした。

こうみると羊って大きいです。普通に立てば、atricotの身長はゆうに超えます。








最初は、実際に羊は刈れないのかぁと残念がっていたatricotですが、初めて羊の毛刈りを目の当たりにしたときに、思いました。

「これはうちみたいな素人がやっちゃいかん!絶対にいかん!!」

だって相手は生き物です。頭ではわかってたつもりだったけど、全然わかってなかった。

実際に牧場で働き、羊の扱いに慣れている方にかかっても、スキあらば羊たちは大暴れします。
そして、大きいバリカンで刈るので一歩間違うと自分の指を切り刻んでしまうし、羊にとっても大怪我させてしまう可能性だってあります。
一緒に参加したbaoさんの話では、間違って毛に埋もれた大事なおち○ちん(ほとんど言ってますが)を切り落としてしまった人もいるみたいで…ほんっとに大変な作業です。

家でのんびり羊を紡ぎながら
「ああ、羊を連れて鴨川を散歩したいなぁ。。。」
なんて妄想してる私って、なんてのん気というか、あっぱれというか…全然現実的じゃないです。

でも、現場の人はさすがプロです。
羊をおとなしくさせるにはコツがあって、羊が
「ああ、これじゃぁ動けねぇな。」
ってあきらめる姿勢にうまく持っていくんです。
毛刈り



「もうどうにでもして…」
とは、思ってないと思いますが(笑)

しばらくは目の前の現実に大興奮していたatricotですが、なんと、ハサミなら刈っても大丈夫というお許しがでたので、atricotもいよいよ体験させていただくことになりました!

嬉しさ半分、不安半分でしたが、なんとか頑張ってやってみました!

毛刈り大きなハサミで1cm幅ずつ丁寧に切っていきます。
間違って羊の肌を切ってしまわないか不安で仕方ありません。

しかもかなりの体力勝負です。

一緒に行ったorioriさんとbaoさんの3人で交代して、約3時間の作業です。最初atricotはすぐにバテてしまい、すぐさま次の人に交代しました(笑)






毛刈り気持ちよくなったのか眠る羊さん。
私のときは、結構暴れたのにー
毛刈り
atricotの右にいらっしゃる方は、今回指導していただいた宮本先生です。暴れる羊を眠らせる羊のプロです。超どんくさいatricotに根気よく丁寧に教えて下さいました。










なんと!宮本先生は、ニットの先生なんです。そして実際羊を飼ってらっしゃいます。

宮本先生がおっしゃるには

「いちから好きな糸をつくりたいって思ったんだけど、当時は、今あるような羊毛屋さんってなくってね。羊毛を買うという発想がなかったから、羊を飼っちゃったの。」と。

その穏やかなお人柄からは想像つかない行動力に、atricotはひたすら脱帽です。

毛刈りもうちょっと!もうちょっとで脱皮、いや脱毛!

ラストスパートをやらしていただきました。結構しんどい体勢だったのでatricotの腰も限界でした。足もガクガクです(笑)
「まだなん?」みたいな目で羊にはにらまれるし…





毛刈りできたー!

一見ドロだらけですが、かなり柔らかい毛で感動もひとしお。

これから家に帰って洗います。

普段私たちが着ているウール製品は、すべてこの作業がはじまりです。

つるっと毛が抜ける薬も開発されたそうですが、コストがかかる為まだまだ普及してないそうなので、ほとんどが人の手によって刈られているのです。
これは機械ではできませんものね…いやはや本当に大変な作業です。

紡ぎをはじめて、私ってイチからモノをつくってるんだ!という気でいたけど、本当のイチからってここなんですね。いや、もっと突き詰めると羊を飼うことからでしょうか…

一緒に毛刈りをしたbaoさんと話していたんですが、現実的に羊を飼える環境にないから、もっと現実的に考えてみようということで出た結論が、


「羊を飼える人と結婚すること。」(笑)


そのほうが現実的じゃないって。

でもなにを現実にするかはatricot次第。
君の毛のようにフワフワするのもいいけれど、君と一緒に地に足つけて歩いてゆこう。
と目の前にいる今回協力してくれた、ツルンツルンの羊さんにつぶやいたatricotでした。

この経験は一生忘れません。
あらためてこの機会を与えて下さったスピンハウスポンタさんと、畜産技術協会の方に感謝いたします。本当にありがとうございました!











*オマケ*
毛刈り発見!
顔が黒い羊さんが毛を刈られるとこうなります!

0 件のコメント: