2009年1月25日日曜日

atricotの勝手にアトデミー賞!(後編)

寒いっ!寒すぎます!

今日は今年一番の冷え込みではなかろうかというくらい寒かったですね~!
こういうときはコタツに入ってはいけません。出れなくなるからです。
余談ですが、atricotの親友のaikaはそれが理由で旦那からコタツを取り上げられたそうです。ちゃんとしなさいと(笑)aikaには悪いけど、まちがいなくいい旦那さんだと思いました。

さてさて、今日はまた映画の話をしたいと思います。

というのも、ちょうど一ヶ月前に「atricotの勝手にアトデミー賞!(前編)」というお題で書きましたが、後編をまだ書いてなかったのです(笑)

そして、ちょうど今アカデミー賞のノミネート発表されたばっかりなので、話題になってますよね!
ですが、アカデミー賞グランプリの作品って観たことありますか?
あまり意識してなかったんですが、去年4冠を獲得したのがコーエン兄弟の映画だったので、これは観なくっちゃ!と早速観てみました。

でも感想は……
『そもそもアカデミー賞ってなんじゃらほい?審査の基準ってなんなのさ~?』

でした。正直彼らの作品のなかではあまりおもしろくなかったからです。

というわけでいろいろネットで調べてみたら、意外な事実が明らかに!
以下、ウィキペディアからの抜粋です。
「アカデミー賞(Academy Awards)は、アメリカ映画の健全な発展を目的に、監督、俳優、スタッフを表彰し、その労と成果を讃えるための映画賞。(中略)「アメリカ映画の祭典」という冠詞を付けられることが多い事からも分かるとおり、基本はアメリカ映画を対象とした映画祭であり、その抜群の知名度に反して国際映画祭ではなく、世界三大映画祭を中核とするFIAPF(国際映画製作者連盟)公認の映画祭にも含まれてない。しかし、その知名度故にマーケットへの影響力は国際映画祭の各賞以上に大きく、受賞結果が各国の興行成績に多大な影響を与える。このため日本をはじめ各国では、「アメリカ映画の~」という表現を抑えて「映画界最高の栄誉」などと、あたかも世界一の映画賞のように報道する傾向にある。」

そもそもアカデミー賞ってアメリカ映画内の話だったんですね。
しかもオスカーってアカデミー賞とはまた別の賞の名前だと思ってました(恥)受賞した人がもらえるトロフィーみたいなんが、オスカー像っていうんですね。

しかし不思議です。言うたらアメリカ映画だけに絞られてるのに、なんでこんなに世界中が騒ぐんでしょうかねぇ。アカデミー賞受賞作品よりも、カンヌ映画祭の作品って日本に入ってこないことが多いのはなんでだろうとはずっと思ってたんです。それがすごく不満で…でもアカデミー賞では外国の映画でももらえるのって「外国語映画賞」とか部門が少ないみたいですね。ものすごいアメリカ目線じゃないですか…!今年は邦画の「おくりびと」がノミネートされてすごく話題になってますが、それを知ったらなんか素直に喜べないです。世界が認めた!というよりアメリカ映画界に認められただけじゃ…
って、べつにアンチアメリカ映画ではないんです。ただ、世界中の映画が対象じゃないことがかなりショックなのでした。

あ、すごく話題がそれてます。このブログのお題アカデミー賞ではなくアトデミー賞です(笑)

といっても、なにから話そうかなぁというのが正直な心境で…

ネタはあるのですが、また話があっちゃこっちゃいきそうです。

なので、去年一番ハマってしまった俳優さんは誰か?というミーハーなネタでいきます!
自分が乙女だなぁと思う瞬間はやっぱりスクリーン越しの俳優さんにうっとりしてしまうことです。今年の一番は間違いなくブルースリーなんですけどね(笑)
そして映画好きの親友ミントちゃんとあの人かっこいいよね~!としょちゅう俳優さんトークをしています。以前は2人そろってガエル・ガルシア・ベルナルに熱をあげてワーワーキャーキャー言ってたのですが、最近の私のブルースリーへのハマりようにはお手あげみたいです。私は彼女の韓流スターのハマりようにもお手あげなんですけどね(笑)そんなこんなであれこれ乙女(?)なトークをするのが大好きなので、ここでもそろそろ乙女な部分を出していいんではないかと。

基本的にミーちゃんとハーちゃんで、しかもハマりやすいタチなので、気に入った俳優さんを見つけるとその人の映画を血まなこで探して観まくります!

去年は…私のなかではトニー・レオンが再燃!

とかいって、まだレッドクリフは観てません!(なんじゃそりゃ)

でも「ラスト・コーション」という映画を観たんですが…あまりの美しさに感激しました。
映画も素晴らしかったのですが、トニー様(日本のファンはトニタンというらしいです笑)が、またもや七・三わけ&四半世紀前のタキシードといういでたちになられてるではないですか!そしていつものように目で演技をされるのです。語らずも出てくる色気と哀愁…もうそりゃたまりません!

「花様年華」や「2046」しかり、その格好をさせたらトニーレオンの右に出る人はいはらへんと思います。私は「永遠の七・三」と勝手に呼ばせていただいてます。だって、このお方以上に七・三がかっこいい人っていらっしゃいますか?私は見たことがありません。それからというもの、ビデオ屋で彼の出てる映画でまだ観てないものをかたっぱしから観てしまいました。



というわけでアトデミー男優賞はトニーレオンです☆渋い&紳士&七・三が似合う。いい男の条件である3Sが揃ってます(ものすごい勝手な基準…)

では次の部門に…ってもういいですよね(笑)

でもひとりでずっと家にこもってると、たまにはこんな話もしたくなるんです[:パクッ:]
お見苦しいところをお見せしてしまいましたが、お許しくださいませ。
そして、懲りずに来年もまたやらせていただきますっ[:モゴモゴ:]

0 件のコメント: