2008年10月24日金曜日

あったかい写真

今日は、かねてから、やりたかったことを、半ば強引に実現させてしまいました☆

2年ほどまえから出張教室をさせてもらってる方の作品を、撮影しました。atricotの紡ぎ糸を使って、お子さんのものや、ご自身のものを編まれているのですが、どれもほんとうにかわいくって、個々に作品を撮るより、みんなそろって公園とかで撮りたいなぁと、ずっと思っていました。そうこうしているうちに、春になり、夏になり…どんどん時間が過ぎてしまって。

atricotみたいに、撮影のために暑い日に外でニットを着てもらうのも悪いので、ずっと寒くなるのを心待ちにしておりました。ほんで、やっと今日、撮らせていただくことになりました。

なのですが、あいにくの雨空。雨女atricotのバカ!

というわけで、室内でプチ撮影会をさせていただきました。

atricot 紡ぎ糸atricot 紡ぎ糸atricot 紡ぎ糸


こちらのブログでは、念のため、泣く泣く目隠しをしておりますが、本心は全部見せたいです…だって、お姉ちゃんも弟クンもめちゃくちゃかわいいんです。いつもはやんちゃなのに、カメラの前では、照れてはにかんだ顔を見せてくれる弟クン、そして、そんな弟クンとは対照的に、モデル顔負けのポーズをとるお姉ちゃん。シャッターを押すたびに、ポーズを変えてくれるんです。本当のモデルさんみたい。将来がかなり有望です!そして、お母さんも、めっちゃ美人!全部お見せできなくて、本当に残念です。…って、本来の目的は、作品の写真を撮ることなんですよね(^^;)あまりのかわいさに、一人で盛り上がってしまいました(笑)

作品の写真はHPのgalleryのページに載っています♪

最初につくられたのはお姉ちゃんのワンピースで、もう2年近くまえのことになります。写真を撮らせていただいたときに、久しぶりに手にとったのですが、毛玉がついていました。ケアをされてないという意味ではなく、紡ぎ糸は甘撚りなので、毛玉がついてしまうのは仕方がないことなんです。その毛玉を見て、ああ本当にたくさん着ていただいてるんだなぁ~と思って、嬉しくてちょっと泣きそうになりました。自分の紡いだ糸が、お母さんの手で素敵な作品になって、それを娘さんが着て…って、はたから見たら、あたりまえのことかもしれないんですが、でもそれって、素敵な素敵なことじゃないですか。

そういや、出張教室をするってなったときに、それまで子供に接する機会があまりなかったので、こちらのお子さんとなじめるか本当に不安だったのですが、今では、とても仲よくさせてもらってます♪「毛糸のおねえちゃん」って呼ばれてます(笑)

だいぶまえに、上のお姉ちゃんにもらったatricotの似顔絵(笑)まだひらがなとか習ってないと思うんですが、すごくがんばって「けいとのおねえちゃんへ」って書いてくれてます。すごく嬉しかったので、今でも部屋に貼ってます♪(ちなみに、左下の猫村さんは妹のだんなにもらったもの。笑)


今年のはじめに、家族プロジェクトをはじめたのをきっかけに、いろんな方の家族の写真を見たり、今回みたいに撮らせてもらったりしてるんですが、やっぱり家族の写真っていいですよね。無条件に心があたたかくなります。あ、こんなこと言うと、また妹のことを思い出して、泣きそうになるからやめます(笑)

今日の私のいちばんのお気に入り。

atricot 紡ぎ糸

みんながどんな目をしてるか想像つきますよね。そんなあったかいあったかい写真です。
そして、もうちょっとで、お父さんのベストが完成します。楽しみです♪

2008年10月22日水曜日

妹の結婚式

おとつい、かわいいかわいい妹、れーころの結婚式がありました。



本当に世界一キレイなお嫁さんでした!今回はそれを自慢したくって、こんなプライベートなできごとをブログに書いています(笑)だって、本当に本当に、キレイなんですもん!妹が結婚して、かなり寂しいということを、友だちや、生徒さんたちにまで、ずっとこぼしていたので、どんなにかわいい妹かということも、ご報告したくって(笑)

ずーっと一緒に暮らし、誰よりも長い長い時間を共にしてきた妹が、結婚して家を出るのは、私の人生のなかでも大きな節目になると思います。妹とは、歳がひとつしか違わないので、私のほうがよう怒られて、なんだか姉のようでもあり、親友のような関係でした。

この日のために、妹とだんなさんは、長い時間かけていろいろ準備していましたが、私も2人には全然及びませんが、この日のために、ちょっと頑張りました。ブログやHPの更新ができなかったのは、そのせいでもあります。
姉のくせに、2次会の幹事をやったのです。というのも、妹のだんなさんもatricotのとても大切な友だちだからです。

だんなさんとは、以前、atricotとアトリエを借りて2人で活動していました。彼は、洋裁がものすごく上手やし、知識もめちゃくちゃ豊富。そのうえ、ものづくりの姿勢も一貫していて、atricotにとっては、本当に刺激的な毎日でした。今でも、とても影響を受けてます。そして、2人で参加したファッションショーに、妹がモデルで出たのが、出会いのきっかけとなったのです。
ボロボロのアトリエには、いろんな人が集まってきました。そして、気心の知れた仲間と一緒に、お酒を飲みながら(私は飲めませんが)楽器を弾いたり、歌を歌ったり、熱く語ったりなんかしてた時間は、私の青春でもあります。そんな時間を共に過ごした彼と、妹が結婚するなんて、atricotとしても、これ以上ない幸せなことです。

なんとなんと、atricotが結婚式に着るドレスもだんなさんがつくってくれたんですね~!



普段着にもしたい!という、むちゃなリクエストにも応えてくれました(笑)
めちゃくちゃ気に入ってます。

そうそう、髪型にもご注目。これは、ヘアスタイリストのaikaちゃんが、セットしてくれたのですが、毛糸が編みこんであります。もっとちゃんと写真を撮りたかったのですが、来年の企画で、aikaちゃんと、毛糸×ヘアスタイル特集をしたいなぁと思ってます。彼女のセンスにはいつも脱帽です☆

自慢したいことがたくさんあって、話がとびとびになってしまいました…

式の準備で、なんでそんなにatricotがバタバタしていたかというと、2次会で、妹夫婦にサプライズをするために、家族や遠くにいる友だちからのメッセージを集めたビデオレターを、弟と一緒につくったり、でっかいブーケの準備をしたりと、いろいろ水面下で動いていたわけです(笑)

ブーケづくりはおもしろかったです!
せっかく、ニットやってるんやから、なんか活かせないかなぁといろいろ考えたのですが、2次会で、講習をやるわけにもいかず、でも私ひとりがつくってしまったら全然おもしろないやん!ということで、全員参加型のブーケづくりをしました。
いろんな糸を大量に持っていき、2次会に来てくれた人に、好きな糸でポンポンをつくってもらって、アートフラワー用の針金に、メッセージ入りの写真と一緒にくくりつけてもらいました。おもしろいことに、みんながみんな、その人らしいなっていうポンポンをつくらはるんですよね。なので、いろんな色の花ができて、しかも誰がつくったかわかるという、妹夫婦にとっては、実用的じゃないけど絶対捨てられない(笑)ブーケになりました。



ビデオレターも、すごく感動してくれて、かなり大成功でした!

と、言いたいのですが、自分のメッセージを言うときにもカメラの前で号泣し、編集のときも、みんなのメッセージを見ながら号泣し、式を終えてからも、思い出して号泣し…妹を泣かしてやろうという魂胆だったのに、結局このビデオレターに、atricot自身が一番泣かされました(笑)

「2度と会えないわけじゃないやん。」
「(妹のいない生活に)すぐ慣れるって。」
「幸せなことなんやから、そんな泣いてんと。」

みんなに言われます。
わかってます。頭では、わかってるんです。妹が幸せならそれでいいんです。私も含め、家族全員が望んでることなんですから。
でも、涙がとまらないのです。まったく妹ばなれのできない、ダメなお姉ちゃんです。

今日も、出張教室先で、ケンカしたり、じゃれあったりする小さい兄弟を見て、いつもと同じ風景のはずなのに、むかしを思い出して、うちもよう、泣かせてたなぁとか…帰りに、パン屋さんの前を通ったときに、一緒にパンを焼いたときに、不器用な妹がつくったパンはほんまにヘンテコなかたちやったなぁとか…寝るときに、おやすみと言い合うこともないのかぁ…とか、もう自分でも、あきれるくらい、小さなきっかけで、妹のことを思い出してしまい、胸が熱くなってしまいます。失恋みたいやん。いや、失恋より、もっともっと重症です…

夜になると、妹が毎晩、私の部屋に遊びにくるもんだから、妹が出ていったら、もっともっと仕事がはかどると思っていたんですが…

いやはや、初めての感情なので、自分でもびっくりです。
なんか、こんな日がしばらく続くんやろうなぁ。

なので、今以上に、仕事に精を出してまぎらわせることにします。
あ、でも、そんなことすると、私の結婚がよけいに遠のきますね~!トホホ。

2008年10月13日月曜日

手帳のはなし

ぐうたらatricotが、カバンの中に、財布やお化粧道具を入れ忘れても、これだけは忘れず肌身離さず持ち歩いている!というのが、手帳です。

なんか、こんなこと言うと、バリバリ仕事してる人、もしくは、小まめに日記をつけてる人みたいですが、みなさまお察しのとおり、まったくマメじゃないです。でもでも、なぜか手帳は財布とおなじくらいに、そばにないと不安なのです。

主な内容はというと……
仕事の予定ももちろん書いていますが、こんなんつくろうとか、編み図とか、ゲージやグラム数などのデータとか、はたまた、ルイスさんに怒られたときにこれは大事やと言われた仕事の極意とか……よくわからんことになってます。それがごちゃまぜに書いてある。

例えば、

『○月○日

326g

感情的にならない。』

だけ書いてあったり(笑)なんのこと?!ってかんじですよね。データをとった日に、べつのことで、怒られたんでしょうね(笑)
めちゃくちゃシュールです。

手帳

こんなかんじ。

上にある、謎の編み記号に、下には、どヘタな絵。きっと岡本太郎の作品をがんばって思い出してみたのでしょう。そして、「襟と袖どうする?」と自分に問いかけ、さらに、なぜか、真ん中に「決めていく!」という決意。囲いまでしてある。
今見てもツッコミどころ満載です。

でも、このごちゃまぜスタイルがですね、なんかしっくりくるんですよ。今までは、キレイに使おうとして、結局は、空白ばかりになってしまったり、アイデア帳はべつのかわいいノートにして、うまく使いわけようとしたり(文房具好きなら同感していただけると思いますが、こういうことするのが好きなんですよね。笑)いろいろ試すが、なかなか使いこなせずでした。

ですが、2年前からほぼ日の手帳を使っていますが、これがもう超使いやすくて、これを使ってから、このごちゃまぜスタイルに至ったわけです。

見たことある方はご存知だと思いますが、2年しか使ってないのに、かなり汚く、分厚さも2倍になっております。

なので、今年はカバーごと変えてしまおうと思ってます。atricotの超荒っぽい扱いに耐えれるのは、レザーしかないので、今回もレザーにしようと思いますが、白ヌメにしようか、緑にしようか考え中。じつは先月から迷っていますが、今もまだ悩み中です。ウホホ、楽しい悩みです。

そうそう、今回は、思いきって(?)手帳の一部を公開してしまいましたが、他人の手帳の中身って見ることないですよね。みんなどんな使いかたをしてるのでしょう?気になる~!

じつは、それをですね、取材してる方がいらっしゃるんですよ。
気になる方は、自称テチョリストである、フリーランスの編集者兼ライター、狩野哲也氏のブログ「テチョリスト宣言!」をぜひご覧ください。
現在はデジカメが壊れたらしく、一時中断されていますが、それでも見ごたえのあるブログです。いろんな職業の方々の、いろんな手帳がのぞき見できちゃいます。ほぼ日のサイトでも、みんなのいろんな使い方が紹介されていますが、狩野さんのほうでは、手帳自体がさまざまですからもっとおもしろい!みなさんそれぞれの手帳スタイル(なかには、メモ用紙のかたまりが手帳代わりという人も!)や、自分にとっての手帳の役割など、本当に多種多様なんですよね。人にあまり見せるもんではないから、余計にその人の性格とかでるんでしょうね。分析できそう。

…ってすでに、上の写真でatricotのガサツさと整理整頓がヘタなところがバレていますよね(笑)

そうだ、以前に、atricotも取材していただいたことがあるんですよ。昔の記事ですが、なにげにatricotも載っております。とてもいいように書いていただいた気が…(汗)


「テチョリスト宣言!」
復活を心待ちにしております!

***

そんなこんなで、年越しまで3ヶ月をきっちゃいましたね。早すぎます!
来年の手帳こそはキレイに使おう!とか見やすく整理して使おう!とか、思っていますが、これ、去年もおなじことを思っていたな(笑)毎シーズンしてしまうダイエット宣言みたいです(笑)

2008年10月7日火曜日

atricotの帽子だョ!全員集合!

先日、新しい企画の撮影に行ってきました!今回は、もう公開しているので、思わせぶりな発言はなしです(笑)

えっと、今回は、





いや、HPのは、こんなちゃっちいタイトル付けはしてないです(笑)HPにある、ほんちゃんのは、めっちゃかわいい(というかパクリ!?)ロゴをルイスさんがつくってくれたので、そちらをご覧ください♪

atricotの帽子だョ!全員集合!

かなりふざけたお題なんですが、撮影も、半分本気で、半分おふざけな、なんだかおもしろい写真ばっかり撮ってきました!

いやぁ、めちゃくちゃ楽しかったです!

企画のほとんどは、相方さんのルイスさんのアイデアなんですが、それを、atricotが、また考えてどんな作品をつくるか決めて、撮影もどんな画がいいかなぁって相談にのってもらいつつ、あーだこーだと言いながら、はよせいと怒られながら(笑)生まれています。

今回も、atricotが一番たくさんつくってるアイテム、帽子をたくさん集めて、シュールな画を撮ってみよう!ということで…



今もそうなんですが、撮影って全然慣れなくて、ちょっと苦手なんですよね。撮られるのもじつはあまり好きではありません。この後におよんでの発言ですが、だって、恥ずかしいじゃないですかっ!
そして、撮影は、準備が命なので、行き当たりばったりのatricotは、いつも撮影前日まで、汗かきっぱなしです。

撮影当日も、明らかに、日常と違うことをやってるので、結構ジロジロ見られるんですよね~。ルイスさんは、そういうゲリラ撮影が楽しいらしいのですが、atricotは、恥ずかしいなぁ、という気持ちが勝ってしまうんです。でも、そんなこんなで、いい写真やおもしろい写真が撮れるうちに、だんだん楽しくなってくるんです。あら不思議。

今回も、はたから見ると、かなり変なことをしてる人だったので、知らんおばちゃんに、「なにしてんの?」「この帽子、売ってんの?」とか、おっちゃんに「なんでそんなんしてんの?あんたがかぶったらえーやん。」とか、なんやいろいろ言われてました~!

それよりも、どんどん生まれる楽しい写真に夢中だったので、全然気にしてなかったんですけど。

あ、でも花壇を帽子で囲んでたときに、ちょうど、散歩中の幼稚園児たちが通りがかったのですが、彼らがめちゃくちゃ反応よかったです!

「あれ、どーなってんの?」「あれはな~、風船を使ってんのやでぇ~!」
「わたし、あのピンクの帽子好き~!かわいい~!」

やっぱり子供は素直でよろし(笑)

とまぁ、いろいろあったわけですが、今回の企画で、よりいっそう作品づくりの楽しさにハマってしまいそうです。
みんなが、ハッとするような、プッって笑ってしまうような、楽しんでもらえる企画をこれからもやっていきたいなと思います♪

オマケ

飛んでいった帽子(笑)


以前、「空飛ぶニット」シリーズでも同じような写真を撮ったのですが、この瞬間を撮るのって、結構大変なんです!atricotが、空へ思いきり帽子を投げる役。ルイスさんが、その瞬間をとらえる役。傑作が撮れるまで、何回も何回もやり直します。

なにやってんだ(笑)

一見、意味のないことをしてるようですが、atricotにとっては、かなり大切。

ニットの楽しさを伝えるには、こっちも楽しくないとねっ☆